沿革沿革

「日本の電力王」と呼ばれた福沢桃介が
水力発電の余剰電力活用策を電気炉製鋼業に見出し、
1916年に(株)電気製鋼所を設立。
その後、数多くの企業との合併を経て現在に至る。

創業者 福沢桃介のDNA

創業~成長期

1916電気製鋼所設立

熱田工場にエルー式1.5トンアーク炉を設置し、特殊鋼の生産を開始

1937星崎工場新設

増加する民需に対応するため、星崎工場を新たに建設

1916

名古屋電燈(株)から製鋼部門を分離し、(株)電気製鋼所を設立。下出民義が社長に就任、合金鉄および工具鋼の生産を開始

1916電気製鋼所設立

熱田工場にエルー式1.5トンアーク炉を設置し、特殊鋼の生産を開始

1917

名古屋電燈(株)に製鉄部を設置し、電気製鉄の試作に着手。福沢桃介が(株)電気製鋼所社長に就任

1918

名古屋電燈(株)から電力開発事業および製鉄部を分離。木曽電気製鉄(株)を設立

1919

木曽福島工場の操業を開始。木曽電気製鉄(株)の商号を木曽電気興業(株)に変更

1921

木曽電気興業(株)は日本水力(株)とともに大阪送電(株)に合併。商号を大同電力(株)に変更

大同電力(株)から名古屋製鉄所を分離し、大同製鋼(株)を設立

1922

(株)電気製鋼所から熱田・福島両工場の現物出資を受け、大同製鋼(株)の商号を(株)大同電気製鋼所に変更

1937

星崎工場新設

1937星崎工場新設

増加する民需に対応するため、星崎工場を新たに建設

1938

(株)大同電気製鋼所の商号を大同製鋼(株)に変更

戦後~高度成長期

1962知多工場新設

完成間もない知多工場 電気炉からの初出鋼

1976三社合併

三社が合併し、商号を大同特殊鋼に変更

1950

企業再建整備法により大同製鋼(株)を解散、新大同製鋼(株)として再発足

1953

新大同製鋼(株)の商号を大同製鋼(株)に変更。高蔵工場新設

1955

新理研工業(株)(平井・王子工場など)を合併

1959

伊勢湾台風により、星崎・築地工場水没

1962

知多工場新設

1962知多工場新設

完成間もない知多工場 電気炉からの初出鋼

1964

関東製鋼(株)(渋川工場)を合併

1969

型鍛造部門を知多工場に集約

1976

大同製鋼(株)、日本特殊鋼(株)(大森・君津工場)、特殊製鋼(株)(川崎工場)が合併し、商号を大同特殊鋼(株)に変更する

1976三社合併

三社が合併し、商号を大同特殊鋼に変更

現代へ、新たな時代へ

1980連続鋳造機の稼動

国内特殊鋼メーカーとして初めて連続鋳造を導入

2013150tアーク炉稼動

エネルギー効率の高い新型炉導入とともに製鋼プロセスを合理化

1980

星崎・知多工場で連続鋳造機の稼動を開始

1980連続鋳造機の稼動

国内特殊鋼メーカーとして初めて連続鋳造を導入

1981

知多帯鋼工場新設

1988

米国金属協会が「社宝 エルー式1.5トンアーク炉」を歴史的遺産に認証する

1990

中津川テクノセンター新設

1992

知多工場で第2連続鋳造機の稼動を開始

1997

バンコク事務所開設

2008

渋川工場で7,000トンプレスの稼動を開始

2012

欧州事務所開設

2013

知多工場で累計製鋼量6,000万トン達成
知多工場で150トンアーク炉の稼働を開始

2013150tアーク炉稼動

エネルギー効率の高い新型炉導入とともに製鋼プロセスを合理化

2016

創業100周年

closeclose

創業者 福沢桃介のDNA

創業者 福沢桃介

長野県木曽郡にある「桃介橋」。読書発電所建設のために架けられた吊り橋です。

日本における電力開発事業の礎を築いた「日本の電力王」として、また福沢諭吉の娘婿として、歴史にその名を残す人物。福沢桃介―この希代の実業家こそが、大同特殊鋼の創業者です。若き日に株式投資で財を成した桃介に、当時の逓信大臣であった後藤新平がこう語ったといいます。「金を貯めるだけではなく事業をやれ。国家的な事業をやりなさい」。桃介が特殊鋼づくりの世界に果敢に踏み込んでいった背景に、後藤のこの言葉が存在したことは想像に難くありません。

「水力発電の余剰電力5千キロワットの利用策について調査せよ」。大正3年10月、桃介は名古屋電燈の顧問・寒川常貞にこう命じました。調査の結果、寒川が進言したのが、電気炉によって特殊鋼を作るアイデア。日本の工業化を担う産業としてその可能性に注目した桃介は、寒川の案を即座に採用しました。大正5年に日本で初めて電気炉による製品化・量産化を可能にしたエルー式1.5トンアーク炉が完成。

日本での電気炉による特殊鋼生産の歴史は、こうして幕を開けたのです。そしてその後も大同の製品は、他社の追随を許さない品質で市場を席巻。桃介は自らの使命を全うし、日本の製鋼業をリードしていきます。「他社が生み出せないもの」を常に追い求め、未知への挑戦によって社会への貢献を果たしてきた、大同特殊鋼。持ち前の開拓精神で近代日本をリードした福沢桃介のDNAは、今も当社に色濃く受け継がれているのです。

close

ページ先頭へページ先頭へ