PCサイト表示で見る

閉じる

活動紹介

  • 自動車用鋼研究
  • 先進材料研究
  • 電磁材料研究
  • プロセス技術開発
  • 事業化推進

プロセス技術開発

当社の様々な生産技術強化を図るため、精錬凝固技術、塑性加工技術、計測・制御技術、分析・評価技術を駆使し、技術開発を行なっています。
特に特殊鋼分野に関しては、溶解から圧延・製品保証に至るまでの一貫したプロセス技術・システム技術を基に連携体制を確立しています。

開発事例

加圧溶解炉

加圧溶解炉

加圧窒素雰囲気下での溶解・鋳造により、溶鋼への窒素添加量を増加させ、特性を飛躍的に向上させた超高窒素含有鋼の製造が可能です。


熱間鍛造シミュレーション

熱間鍛造シミュレーション

制御鍛造~熱間鍛造における各種組織、機械的性質予測が可能で、最適な特性を得るための鍛造工程設計を実現しました。


GD-OESによる表面分析

GD-OESによる表面分析

スパッタなどの成膜、メッキ・熱処理材などを、表面から深さ方向にかけて分析し、表層部の評価・解析を迅速に行うことにより、材料開発に寄与しています。


3Dスキャン画像

形状検査・外観検査

画像処理技術や3D計測技術を利用して、複雑形状部品の形状・外観検査装置を実現し、検査プロセスの効率化を図ります。

(左図 3Dスキャン図)


自動車排気系用高耐食ステンレス鋼溶接ワイヤ

自動車排気系用高耐食ステンレス鋼溶接ワイヤ

自動車排気処理系用に開発した溶接ワイヤ「WSR43KNb」は、高Nb添加により、従来のソリッドワイヤやMCWよりも耐食性に優れ、耐溶接割れ性も確保しています。


開発テーマ

製鋼・精錬・凝固 金属材料溶解鋳造技術 鉄合金、非鉄合金(Ti、V、Mg・・・)
新製造プロセス(高窒素鋼、アトマイズ粉末、鋳造品)

解析技術 鋳造・凝固解析(精密鋳造、二次溶解、CC等)、ガス流れ解析

切削・塑性加工 難加工性材料の塑性加工技術(超合金、チタン合金等)
組織制御技術(圧延、鍛造における組織制御)
塑性加工・切削数値解析技術(組織予測、破壊予測、工具寿命予測など)
各種塑性加工評価技術 (スパイクテスト、テーパカップ試験)
粉末成形技術
高能率切削加工技術
計測・制御・接合 非破壊検査技術(超音波探傷、渦流探傷)
計測技術(寸法計測、画像処理)
接合技術(ロボット溶接、溶射)
接合材料設計(チタン、フェライト系ステンレス鋼、各種溶射材料他)
分析・評価 各種分析評価技術(成分、介在物、表面状態)

ピックアップ

活動紹介

活動紹介

研究開発の活動紹介をご覧頂けます。

技術開発研究所

技術開発研究所

大同特殊鋼 技術開発研究所の概要、沿革をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る