PCサイト表示で見る

閉じる

技術学園

  • 概要
  • 沿革
  • カリキュラム
  • 学園生の一日

技術学園とは

技術学園では、高卒者を対象としたエキスパート系従業員の生涯教育のスタートの場として、1年間にわたる新入社員教育を実施。技術学園生は従業員として、1年間にわたる寮生活をしながら、鉄鋼の製造技術、電気・機械保全技術技能を学び、その後、各職場に配属されます。

当学園は、職業能力開発促進法で定める事業内職業訓練校として、愛知県の認定を受けています。

教育の基本方針

21世紀を担う明るく自律した人材の育成

【 3つのPOLICY 】

 1.急速な勢いで進歩を続ける生産設備、製造技術に対応するために必要な基礎知識、技術をマスターします。

 2.バイタリティーあふれる、創造性豊な人格を形成します。

 3.団体生活を通じてチームワークと仲間意識を養い、社会人として恥じない態度行動を修得します。

技術学園長からの挨拶

技術学園長 中尾 貞治

技術学園の目標は、正しく作業する習慣を身につけ、次世代のリーダーとして活躍する人材育成です。そのために、以下の3つを柱に教育を行っています。

  1. 職場で必要な資格の取得
  2. 実作業での基礎知識・技能の習得
  3. 安全に元気に働ける心身つくり

この他にも、全国から集まった同期の仲間と、技術学園での時間や寮生活の中で、社会規範やコミュニケーションなどの人間力を身につけ成長していきます。
そして、1年後に世界一の鋼をつくる職場へ配属され、鋼をとおし社会を支える一員となります。

はじめての就職で分からないことが多く、不安に感じることもあると思いますが、私たち指導員が安心に変わるようサポートしていきます。

技術学園は、高い志を持ち自己の成長に挑戦するあなたを支援します。

沿革

1940年
「大同製鋼技能者養成所」 開所
1952年 中学卒業者84名(戦後第1期生)の教育開始
1943年
「大同製鋼専門技術者養成所」に改称
1947年
「大同製鋼専門技術者養成所」閉鎖
1952年
「大同製鋼技能者養成所」(3年間)再開
中学卒業者84名(戦後第1期生)の教育開始
1958年
事業内職業訓練実施優良施設として、労働大臣から表彰(技能者養成所)
1968年
教育センター(現 大同特殊鋼 人材開発センター)完成
1968年 教育センター完成
1970年
職業訓練法改正に伴い、高等学校卒業者対象(専修生第1期生)の教育開始 「大同製鋼職業訓練校」(7ヶ月)に改称
1975年
第21期生の修了をもって、中学卒業者養成訓練課程を終了
1976年
「大同特殊鋼高等職業訓練校」に改称
1983年
事業内職業訓練実施優良事業所として、労働大臣から表彰(高等職業訓練校)
1984年
生産課程(7ケ月)、保全課程(1年間)を「電気機器科」「機械組立科」に改称し、全科1年間教育を開始
1988年
「大同特殊鋼技術学園」に改称
1991年
「電気機器科」「機械組立科」2課程を「機械加工科」「電気機器組立科」「熱処理科」の3課程に変更
2000年
3課程を「金属材料系熱処理科」1課程に変更
2005年
「大同特殊鋼人材開発センター技術学園」に改称
2010年
グループ会社受入れ開始
2015年
初の女性技術学園生4名受入れ

年間カリキュラム

教育 内容
一般基礎 パソコン コミュニケーション
安全 危険体感塾 リスクアセスメント教育 KYT(危険予知トレーニング)
生産管理 QC活動 6大ロス 原価管理製造シミュレーション
生産技術 金属材料 生産プロセス
新人オペレーター教育 機械要素 シーケンス 油圧 電気保全

実習内容

金属材料

金属工学

金属材料の知識は当社では基本中の基本。金属の性質から熱処理に至るまで実習を交えて教育します。

機械要素

機械要素

機械部品の名称と使用用途、ノギスやマイクロメーターを使った測定をマスター。写真はヤスリを使った手仕上作業風景です。

シーケンス

シーケンス

鉄鋼設備の大部分は自動制御。シーケンスを学ぶことで自動制御の「いろは」を身に付け、自分が扱う設備の動作を理論的に理解できるようになります。

整備検査

整備検査

品質の良い鋼材を社会に供給するため、当社では製品の外観から内質まですみずみ検査。磁紛探傷・超音波試験や外観検査などの検査方法を教育します。

年間スケジュール

年間スケジュール
内容
4月 入社式・入園式
5月 強歩訓練
6月 伊吹山登山
7月 愛知県事業場内職業訓練生体育大会
8月 学園内体験発表会 ボランティア 
9月 秋の祭典 フォロゲイニング(野外訓練)
10月 体験発表会
11月 海外研修 小集団活動
12月 東海シティマラソン 駅伝大会 配属職場決定
1月 技能照査 配属実習
2月 修了式

学園生の一日

学園生の生活
6時頃 起床
8:30~9:05 朝礼
9:10~9:20 安全教育、職場の教養
9:20~12:30 授業
12:30~13:30 昼休み
13:30~16:05 授業
16:15~16:25 ホームルーム
16:25~16:45 担当区域5S
16:55~ 体育

1年間の成長を見守る寮生活

寮はエアコン付きの完全個室で、学習環境としても最適です。オーディオ機器等も自由に設置でき、自分だけの空間が作れます。

寮生活 知多寮

*男性は元浜寮、女性は知多寮への入寮となります。

学園だより バックナンバー

富士登山が行われました 2012年7月24日~27日(学園生全員登頂)

真夏のビッグイベント 富士山登頂 ※2015年度から実施しておりません

毎年恒例の技術学園最大のイベント富士登山が3泊4日の行程で行われました。

引率の山岳ガイド3名を含む総勢84名(学園生71名、朝生センター長、指導員9名)全員が怪我もなく登頂し、ご来光を拝めたときには、何とも言えない達成感で胸が熱くなりました。

4日間とも天候に恵まれ、最高の富士登山でした。

【行程】

7/24 田子の浦(海抜0m) → 宿泊施設
7/25 宿泊施設 → 富士市内経由 → 表富士グリーンキャンプ場(泊)
7/26 表富士グリーンキャンプ場 → 高鉢駐車場 → 富士宮口登山道(新6合目)→ 富士宮口登山道(8合目泊)
7/27 富士宮口登山道8合目 → 剣ヶ峰(ご来光) → お鉢巡り → 吉田口下山道 → 吉田口5合目 → 富士緑の休暇村 → 名古屋

剣ヶ峰(ご来光)、お鉢巡りは初めての試みです。

富士登山行程1 富士登山行程2 富士登山行程3 富士登山行程4

このページの先頭へ戻る


愛知県事業所内職業訓練生体育大会が開催される 2012年7月5日~6日

体育大会

熱戦繰り広げる、学園生!!

平成24年愛知県事業内職業訓練生体育大会

結果

軟式野球 3位
サッカー 3位
バレーボール 2回戦敗退
ソフトテニス 団体:1回戦敗退
個人:
中村直樹(山口県 南陽工高卒)
ベスト8
鈴木陽介(福島県 会津工高卒)
ベスト8
卓球 団体:2回戦敗退
個人:
飯塚直樹(群馬県 沼田高卒)
ベスト8
三原大樹(福岡県 浮羽工高卒)
ベスト16

7月5日~6日の2日間、平成24年度愛知県事業内職業訓練生体育大会が、豊田市のトヨタスポーツセンターで行われました。

この大会は、愛知県内の企業内訓練校の訓練生を対象にした体育大会で、7種目(軟式野球、ソフトボール、バレーボール、バスケットボール、サッカー、ソフトテニス、卓球)に17事業所74チームが参加、大同特殊鋼は軟式野球、ソフトテニス(団体、個人)、卓球(団体、個人)、バレーボール、サッカーの5種目に参加しました。

2日間とも各競技で熱戦が繰り広げられました。

テニスベスト8の中村・鈴木ペア 卓球ベスト8 飯塚君 卓球ベスト16 三原君

ピックアップ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

大同特殊鋼を支える若き先輩たちの熱いメッセージ!!

募集要項

募集要項

仕事の内容、勤務地、お給料って、どうなってるの?

このページの先頭へ戻る