PCサイト表示で見る

閉じる

環境負荷低減活動

大同特殊鋼の生産フロー

大同特殊鋼の生産システムは鉄スクラップを主体に原料の89%がリサイクル品であり、起点からの環境保全型に適したフローになっています。製造工程の排ガスにおいては、燃料転換や燃料原単位改善を推し進め、CO2および硫黄酸化物(SOx)排出量の大幅な削減を実現しています。また、工程で発生する副産物についても、社内リサイクルや路盤材などの外販再生品として有効利用しています。

生産フロー

環境保全投資

環境保全のために、多年にわたって、集じん装置の導入、硫黄酸化物(SOx)・窒素酸化物(NOx)低減のための燃料転換、留向上と工程省略を可能にする連続鋳造設備の導入、排水中のフッ素低減技術の導入、燃焼設備のリジェネレーティブ化、コジェネレーションなど省エネ設備の導入といった対策を継続実施し、その累積投資額は2016年度末で775億円に及んでいます。2016年度の主な投資内容は、渋川工場の粉じん対策、知多工場電気炉集じん機の整備などとなっています。

環境関連対策投資累積金額と主な投資内容

環境保全コスト

2014~2016年度において投資した環境保全対策コストとその効果を環境省のガイドラインに従って定量化し、下記のような結果が得られました。

効果

(百万円)

  2014年度 2015年度 2016年度
廃棄物リサイクル
471
428
431
埋立抑制
850
451
1,081
廃棄物の減量化
0
0
0
合計
1,321
879
1,512

環境保全コスト

(百万円)

  2014年度 2015年度 2016年度
1. 事業エリア内コスト
10,407
9,196
10,086
2. 上・下流コスト
111
550
423
3. 管理活動コスト
717
689
699
4. 環境のための研究開発コスト
4,944
5,104
5,632
5. 社会活動コスト・研究開発コスト
26
27
29
6. 環境損傷対応コスト
78
5,365
611
合計
16,283
20,931
17,480

ピックアップ

CSR報告書

CSR報告書

CSR報告書をご覧いただけます。

社会・環境活動

社会・環境活動

大同特殊鋼の社会・環境活動をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る