PCサイト表示で見る

閉じる

「ホワイト物流」を宣言

大同特殊鋼株式会社(本社:名古屋市東区/社長:石黒 武)は、2019年9月27日(金)、「ホワイト物流」推進運動に賛同し、物流の持続的・安定的な確保を経営課題として認識し、生産性の高い物流と働き方改革の実現に向け、取引先や物流事業者等の関係者との相互理解と協力のもとで、物流の改善に取り組むことを宣言しました。

具体的な取り組みとして、以下の項目を掲げます。

  • ■運転以外の作業部分の分離
  • ■荷主側の施設面の改善
  • ■高速道路の利用
  • ■船舶や鉄道へのモーダルシフト
  • ■運送契約の書面化の推進
  • ■燃料サーチャージの導入
  • ■異常気象時等の運行の中止・中断等

また、今後も取り組み拡大を進めていく予定でいます。

「ホワイト物流」推進運動とは

深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的に、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化と、女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現に取り組む運動です。
国土交通省、経済産業省、農林水産省が2019年4月より、上場企業及び各都道府県の主要企業の合計約6300社に対し、推進運動への参加を呼び掛けています。

お問い合わせ

大同特殊鋼株式会社
生産管理部 物流室
TEL 0562-33-5761

ピックアップ

CSR報告書

CSR報告書

CSR報告書をご覧いただけます。

社会・環境活動

社会・環境活動

大同特殊鋼の社会・環境活動をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る