PCサイト表示で見る

閉じる

社会・環境との共生

大変革時代の今こそ、素材の可能性を追求し、新たな価値の創造で持続可能な社会の実現に貢献します。 社会・環境との共生

当社は、1916年の創業以来、特殊鋼という素材の可能性を追求し、長年の歴史で培った確かな技術力と商品開発力で産業の発展を支えるための“ものづくり”を続けてまいりました。これから先も“ものづくり”を通じ、産業を支え、人々の暮らしを支え、持続可能な未来社会の実現へ貢献する企業を目指してまいります。


2020中期経営計画の実行により、産業界の技術革新を支えていきます

当社は2018年度から2020年度までの3年間を実行期間とする中期経営計画(大同特殊鋼グループ2020中期経営計画)を策定しました。経営基本方針として『Beyond the Special・機能性に優れた素材で、お客様の技術革新を支える』を掲げ、この経営基本方針を具現化するため、『ポートフォリオ改革』『事業基盤の強化』『事業の再構築』という3つの行動方針を定めました。

一つ目は『ポートフォリオ改革』です。自動車の電動化・自動化、進展するデジタル革命やFA化からさらに進んだスマートファクトリー化など、様々な産業分野の技術革新を実現させていくためには耐熱性、耐食性、高清浄度や磁気特性等、機能性に優れた素材が必要となります。技術革新に挑むお客様からのニーズを的確に捉え高機能素材を安定的に供給していくため、積極的な投資を実行してまいります。主なものでは、エンジンの高効率化に寄与する高耐熱・高耐食ステンレス鋼を生産する知多工場と星崎工場で、生産能力の増強と物流改善を実施します。産業用ロボットをはじめあらゆる電動化に不可欠なモーターに使用される高性能磁石については、製造・販売を担うグループ会社の製造ラインを増強し、海外へ新たな生産拠点を設けるための準備を進めております。

また、技術サービス部門を改組し活動領域毎に4つのプロジェクト(電動化・自動運転、ターボ高機能化、半導体製造装置、高機能粉末)を立ち上げました。プロジェクトメンバーとの技術的な会話を通し、お客様にとって当社が強力なソリューションパートナーとなり得る体制を整えてまいります。

これらの計画の確実な実行により、今後成長が見込める機能材料・磁性材料を延ばすことで事業ポートフォリオを改革し、利益の最大化を目指します。

二つ目は、『事業基盤の強化』です。当社グループが今後も持続的に成長していくためには、事業基盤の強化が必要です。鋼材事業に関しては、徹底したコストダウンを行い、再生産可能な適正マージンの確保を目指すとともに、諸資材価格の高騰に伴う販売価格の是正に対してお客様のご理解をいただけるよう努力してまいります。加えて、既存設備の能率向上、一貫歩留の向上、物流の整流化などを進め、生産スループットの最大化に取り組んでまいります。その他、生産部門と営業部門が連携した複合的な施策を実行し、事業基盤を強化してまいります。

最後に、『事業の再構築』を3つ目の行動方針としました。不採算事業についての見極めを行い、採算の取れる事業への再構築、あるいは事業継続可否の判断を進めます。選択と集中により経営効率を高め、中長期的な資本効率の向上に取り組んでまいります。

ESGを意識した事業活動を推進し、企業価値向上を目指します

企業活動の根幹を支えるのは「人」です。「人」なくして事業は成り立ちません。当社で働く全ての人が、いきいきとやりがいを持って仕事に取り組んでこそ企業の持続的成長があるものと考えています。目標に向かって社員と企業がともに歩み成長し続けるために、「働き方改革」に取り組んでまいります。就業支援制度の導入や休暇取得の推進などの他、職場の意識改革や業務改善を進め、ワーク・ライフ・バランスの充実を図ってまいります。

工場の会議などで一同に会す時、当社では、冒頭または締めくくりに際し「ご健康で!ご安全に!」と言います。これは、「安全を全てに優先する」「安全と健康は幸せの原点」という認識からの言葉です。ワーク・ライフ・バランスの充実は健康の上に成り立つものであり、さらには、ケガや事故なく日々の業務と向き合うことは会社人生を豊かにします。安全を最優先に、社員が心身ともに健康で会社生活を送れるよう職場環境の改善や、安全・健康意識の向上にも努めていきます。

健康と安全への配慮に加え、環境負荷低減、そして、コンプライアンス、リスクマネジメントに取り組むことも、企業の社会的責任を果たすための重要な課題であると認識しています。膨大なエネルギーを消費して製品を産み出す当社にとって、限られた資源を効率良く使用し、環境負荷を極限まで低減した“ものづくり”をするということにおいては、不断の努力を続ける必要があります。明確な目標(2030年度までにエネルギー使用を10%以上削減(2013年度BAU*比))を定め、各設備の省エネルギー化や能率向上への投資を継続してまいります。

また、コンプライアンス、リスクマネジメントについては、昨年発足したCRM(コーポレートリスクマネジメント)部が中心となり、大同特殊鋼グループ全体のリスク低減と内部統制の実効性を高めてまいります。このような取り組みのほか、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)を意識した事業活動を推進し、持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

* BAU ・・・ Business as Usualの略。

持続可能な社会の実現へ向けてステークホルダーの皆様とともに

パリ協定の発効や国連SDGsの採択など、世界は持続可能な社会への移行に向けて動き出しています。そしてその動きは、産業界へ大きな変革の波となり迫っています。自動車産業では100年に一度と言われる大転換期を迎え、AIやIoTなどを活かしたデジタル革命は驚くほどのスピードで進行しています。こうした流れの中で当社が果たすべき役割とは、お客様が必要とする高機能な素材を提供することで、その進化・技術革新をしっかりと支えることと考えております。これからも特殊鋼という素材や機能性に優れた部材を通じ、持続可能な社会の実現へ向けて、あらゆる可能性に挑戦していきます。そして、ステークホルダーの皆様とともに、より豊かで明るい未来を迎えるため、企業の社会的責任を果たす努力を続けてまいります。

ピックアップ

CSR報告書

CSR報告書

CSR報告書をご覧いただけます。

社会・環境活動

社会・環境活動

大同特殊鋼の社会・環境活動をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る