大同分析リサーチ
事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
お問い合わせ

EBSD測定によるチタン材料の評価


1.チタン合金とは

 チタンは軽量、高耐食性、高比強度等の特徴があり、これらの優れた特性から航空宇宙、医療、発電・化学プラントで使用され、身近なところではゴルフクラブにも使用されています。
 チタンは結晶構造によりα型(純チタン)、α+β型(Ti-6Al-4V)、β型(JIS80種)に区分されます。α型、α+β型は耐熱用途に、β型は高成形性あるいは強靭用途に適用されます。
 上記以外にAl添加により、強度アップし、耐熱性を改善したTi-Al合金も存在します。

2.EBSDによるチタン材料の評価

 当社では、各種チタン材料の評価にEBSD測定を用いることでミクロ組織観察だけではわからない結晶学的な情報を取得し、材料開発に有益な知見を提供します。
 また、一般的な鋼材に比べてチタン材料はEBSD用前処理が難しいとされていましたが、当社独自の前処理にて、多種多様なチタン材料EBSD解析を可能としました。

3.EBSD解析から得られる主な情報

  • (1)結晶方位(IPFマップ、極点図、Schmid Factorマップ)
  • (2)結晶相(Phaseマップ)
  • (3)歪(KAMマップ、GRODマップ、GAMマップ、GOSマップ)
  • (4)結晶粒径
  • 4.測定事例

    (1)純Ti(α型)双晶なし

    (2)純Ti(α型)双晶あり

    (3)Ti-6Al-4V合金(α+β型)

    (4)Ti-Al合金(積層造形品:東京都立大学大学院様ご提供)

    株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948