大同分析リサーチ
事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
お問い合わせ

ヒートチェック試験〜金属の熱疲労破壊〜


ヒートチェック試験がなぜ必要か

 熱間金型用鋼はダイカストや熱間・温間鍛造で使用され、耐摩耗性、耐ヒートチェック性(熱疲労割れ)等が要求性質としてあります。特にアルミダイカスト型の最大寿命決定因子はヒートチェックと云われています。
 対摩耗性向上を狙い母材(SKD61、マルエージング鋼他)に色々な表面処理(窒化、CVD、PVDなどの硬質皮膜処理)が行われていますが、万能なものはなく用途により最適な表面処理の種類や深さ(厚さ)、性状を試行錯誤して決めていく必要があります。
 上記の調査手段としてヒートチェック試験があり、金型用材料の製造メーカーの子会社として、数多くの評価試験を行っております。

ヒートチェック試験とは

 金属が加熱と冷却の温度変化の繰り返しを受けると、熱応力による疲労問題が発生します。ヒートチェック試験は試験片に急速な温度変化を与え、膨張と収縮を繰返し行うことで割れ(クラック)の発生を促進し、熱疲労を迅速に再現できる加速試験です。主成分を鉄とする金型の評価に最適です。
※ヒートチェックとは…熱疲労により発生する亀甲状の亀裂のことを指します。 ヒートチェック試験とは

評価方法

試料の全周を90°毎に分割し、クラック数とクラック深さ等を測定します。
加熱:高周波誘導加熱
冷却:噴射水

試験条件例

温度:700℃
サイクル数:1000サイクル
試験条件例

測定例

温度:700℃
サイクル数:1000サイクル
測定例
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948