大同分析リサーチ

事業案内
contents
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
分析事例
設備一覧
物理測定
お問い合わせ
物理測定

 分析試験設備紹介
 有機分析装置:09-04--フーリエ変換赤外分光装置(FT-IR)--

FT-IR6200FV MFT-2000
装置外観(左:日本分光社製FT-IR6000FV 右:日本分光社製MFT-2000)
 原理 物質に赤外線を照射すると、その物質に固有の波長の赤外線が選択的に吸収される。
物質を透過した赤外線の信号をフーリエ変換すると、赤外スペクトルが得られる。
この赤外吸収スペクトルはその物質固有のものである為、データベースと比較する事で物質の同定が行える。
また、スペクトル変化で構造変化の解析が行える。
 用途 物質の構造解析、付着物や異物の同定
装置仕様
装置名 FT-IR6200FV MFT-2000
 測定波数(cm-1  350〜5000  650〜5000
 分解能(cm-1  0.25  1
 真空測定  ○  ×
 マッピング  ○  ×
 透過法  ○  ○
 ATR(全反射法)  ○〈ゲルマニウムプリズム〉
 ○〈ダイヤモンドプリズム〉
 ○〈ダイヤモンドプリズム〉
 RAS
 (高感度反射法)
 ○  ○
 反射法  ○  ○
 拡散反射法  ○  ×
事例紹介
 6200FVの事例1  真空による低濃度サンプルの分析
 6200FVの事例2  黒ゴムの分析
 6200FVの事例3  粉体状態のまま拡散反射測定
 6200FVの事例4  金属面付着物の分析
 ※FT-IRの説明資料 >>詳細へ
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948