大同分析リサーチ

事業案内
contents
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
分析事例
設備一覧
物理測定
お問い合わせ
物理測定

 分析試験設備紹介
 物性測定装置:04-10--示差熱天秤(TG/DTA)、示差走査熱量測定装置(DSC)--
 リガク製 サーモプラスEVOシリーズ

TG-DTA DSC
装置外観
(リガク社製 左:示差熱天秤TG-DTA 右:示差走査熱量測定装置DSC)
装置名 示差熱天秤(TG/DTA) 示差走査熱量測定装置(DSC)
 原理 試料及び基準物質の温度を変化させながら、試料重量を測定し、同時に試料と基準物質との温度差を測定する。 試料及び基準物質の温度を変化させながら、試料と基準物質へ流入する熱流束の差を温度差で測定する。
 用途 @熱による増量、減量により水分・有機分・灰分などの定量。
A加熱時における、分解・酸化・耐熱性などの評価。
@融点・ガラス転移点・結晶化度・結晶化温度・純度等の測定が可能。
A樹脂の分子量の差・組成の差・劣化度などの解析や熱硬化
挙動解析・結晶条件検討などが可能。
装置仕様
装置名 TG-DTA DSC
 温度範囲  室温〜1500℃  -130℃〜725℃
 最大昇温速度  350℃/分  150℃/分
 試料量  通常:数mg〜数十mg
(最大:1g)
 通常:数mg〜数十mg
(最大容量:100μL)
 雰囲気  大気・乾燥空気・不活性ガス(Ar,N2
事例紹介
 TG/DTA 事例1  油の劣化
 TG/DTA 事例2  樹脂製品の劣化 T
 DSC 事例1  エボキシ系接着剤の硬化挙動
 DSC 事例2  ポリエチレンテレフタレート樹脂の加工による熱挙動の変化
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948