大同分析リサーチ

事業案内
contents
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
分析事例
設備一覧
化学分析
お問い合わせ
機器分析

 分析試験設備紹介
 機器分析装置:02-02--炭素・硫黄分析装置--

CS444LS EMIA920V/FA
装置外観(左:LECO社製 CS444LS  右:堀場製作所製 EMIA920V/FA)
 原理 試料を磁製坩堝に入れ、酸素気流中で高周波加熱燃焼する。
発生したCO2,SO2ガス濃度を赤外線吸収器で測定。
ガス濃度を含有率に換算する。鉄鋼分析の主流である。
 特徴 @分析時間が短い(約60秒)
A広含有率範囲で高い分析精度が得られる
 対象試料 @鉄鋼、非鉄(ニッケル、アルミ、チタン)
Aレンガ等の耐火物
B鋼滓(スラグ)
C石炭、コークス類
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948