大同分析リサーチ

事業案内
contents
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
分析事例
設備一覧
化学分析
お問い合わせ
湿式分析

 分析試験設備紹介
 湿式分析装置:01-05--原子吸光光度計(フレームレス式)--

光度計
 
 原理

目的とする元素を含む溶液をグラファイト製のキュベットに入れ、電気的に高温に加熱することにより、目的の元素を原子化する。

原子化された元素は通常の原子吸光分析装置と同様に、目的元素固有の輝線を照射し、その輝線への吸収量を測定する。
 特徴

@原子吸光法に比べ、2〜3桁低い濃度の分析が可能
A微量溶液試料(10μl程度)での分析が可能

 対象試料 @鉄鋼、非鉄(ニッケル、アルミ、チタン)
A基本的には溶液化出来る試料であれば陽イオン元素は分析可能
B環境分析にも良く使用される
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948