大同分析リサーチ

事業案内
contents
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
分析事例
設備一覧
化学分析
お問い合わせ
湿式分析

 分析試験設備紹介
 環境分析装置:偏光ゼーマン原子吸光光度計(フレーム/フレームレス兼用機)--

ZA3000
装置外観(日立ハイテクノロジーズ製 ZA3000)
 原理

原子吸光法は、試料を高温中で原子化し、そこに元素固有の光を透過させ吸収度を測定することより、試料中の分析対象元素の濃度を求める。

アセチレン−空気炎中などで原子化を行う場合をフレーム原子吸光分析法といい、黒鉛炉中で原子化を行う場合をフレームレス原子吸光分析法(または、電気加熱原子吸光分析法)という。
 特徴

優れたダブルビーム光学系を有すること。
高精度のバックグラウンド補正機能を有すること。

原子化部がフレーム、グラファイトファーネスのタンデム式であること。
 対象試料 環境試料の有害金属分析
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948