大同分析リサーチ
事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
環境測定・分析
お問い合わせ
作業環境測定

労働安全衛生法第65条に基づき、有害な業務を行う屋内作業場については作業環境測定を行い、その結果を記録することが義務付けられています。

【作業環境測定を行うべき作業場】

作業場 測定回数 記録の保存年数
1 粉じんを著しく発散する屋内作業場 6月以内ごとに1回 7
2 暑熱寒冷または多湿の屋内作業場 半月以内ごとに1回 3
3 著しい騒音を発する屋内作業場 6月以内ごとに1回 3
4 坑内の作業場 1月以内ごとに1回 3
5 中央管理方式の空気調和設備が設けられている事務所 2月以内ごとに1回 3
6 放射線業務を行う作業場 1月以内ごとに1回 5
7 特定化学物質を製造または取り扱う屋内作業場 6月以内ごとに1回 3
※特定の物質については30年間
8 一定の鉛業務を行う屋内作業場 1年以内ごとに1回 3
9

酸素欠乏危険場所において作業を行う場合の

当該作業場
作業開始前等ごと 3
10 有機溶剤を製造または取り扱う屋内作業場 6月以内ごとに1回 3

赤字は作業環境測定士による作業環境測定が義務付けられており、弊社では
 1.粉じん
 7.特定化学物質
 8.鉛
 10.有機溶剤              

について測定対応が可能です。

【作業環境測定の概要】

作業環境の実態

測定することにより、現在の作業環境の実態を明らかにします。そして、管理濃度といわれる、行政が定めた数値と比較して、環境状態の良否を判断します。


【作業環境測定の具体的な流れ】

作業環境の実態

「サンプリング」が現場へお伺いして作業を行う部分になります。
作業環境測定は「有害物等を取り扱っている時の空気環境」を測定しますので、弊社から取扱い日時等を確認させて頂くことがあります。
また、必要に応じて、サンプリング前に事前調査で現場へお伺いし、現地にて状況を確認させて頂くこともあります。


【作業環境測定のデザイン例(粉じん)】

作業環境の実態

単位作業場所(測定の対象とするエリア)の設定や測定箇所(A測定、B測定)の設定は弊社の測定士が現場の状況を見て判断します。


【現場での測定例(粉じん)】

作業環境の実態

【作業環境測定の評価】

測定の結果は「管理区分」という形で評価されます。
A測定の結果から第1評価値、第2評価値を算出し、B測定の結果からB測定値を求めて管理区分を決定していきます。


[A測定のみを実施した場合]
第1評価値<管理濃度 第2評価値≦管理濃度≦第1評価値 第2評価値>管理濃度
第1管理区分 第2管理区分 第3管理区分

[A測定およびB測定を実施した場合]
↓B測定/A測定→ 第1評価値<管理濃度 第2評価値≦管理濃度≦第1評価値 第2評価値>管理濃度
B測定値<管理濃度 第1管理区分 第2管理区分 第3管理区分
管理濃度≦B測定値≦管理濃度X1.5 第2管理区分 第2管理区分 第3管理区分
B測定値>管理濃度X1.5 第3管理区分 第3管理区分 第3管理区分
第1評価値 EA1・・・高濃度側から5%に相当する推定値(95%上昇値)
第2評価値 EA2・・・算術平均濃度の推定値

管理区分 作業場の状態
第1管理区分 作業環境管理が適切であると判断される状態
第2管理区分 作業環境管理になお改善の余地があると判断される状態
第3管理区分 作業環境管理が適切でなく、速やかに改善措置の実施が必要な状態
各管理区分に対する作業場の状態は上記のようになっており、第1管理区分が最も良い管理状態で、第3管理区分が最も悪い管理状態となります。

株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948