大同分析リサーチ
事業案内
contents
分野から探す
化学分析
物理測定
有機分析
試料作製
材料評価
環境測定・分析
作業環境測定登録講習
設備一覧
分析事例から探す
化学成分・環境分析
構造解析・形態観察
物性値測定
破損・疲労・劣化
異物・変色・表面性状
腐食・防食
その他
化学分析
お問い合わせ

 環境分析装置:誘導結合プラズマ質量分析装置
 (ICP-MS:Inductively Coupled Plasma-Mass Spectrometer)

7900ICP-MS
装置外観(アジレント・テクノロジー製 7900 ICP-MS)
 原理 ICP質量分析法は、排出水など液体試料の分析対象元素を高温の誘導結合プラズマによってイオン化し、イオン化された元素の質量数/電荷の比によって分離されるイオンスペクトルとその強度(イオンカウント)により、定量・定性分析する方法である。
 特徴 ・金属の高感度元素分析
・多元素同時定量が可能
・微量元素の定性・半定量分析が可能
 対象試料 環境試料の有害金属分析
株式会社大同分析リサーチ 〒457-8545 名古屋市南区大同町2丁目30番地 TEL052-611-9434 FAX052-611-9948