PCサイト表示で見る

閉じる

2020年 1月 6日

大同特殊鋼株式会社

2020年 社長年頭挨拶

新年明けましておめでとうございます。
みなさんと令和初の新年を迎えることに喜びを感じます。2020中期経営計画の最終年度となる本年が、すばらしい一年となるよう全社一丸となって邁進していきましょう。

始めに、昨年の大同特殊鋼グループの安全成績を振り返ると、残念ながら災害件数は、一昨年に続き危機的状況が止まらない大変深刻な結果となりました。

災害は被災者の方、また、ご家族の幸せを一瞬で奪ってしまうものであり、決してあってはならないものです。重篤な災害の発生は何としても食い止めなければなりません。

しかしながら、昨年の災害の傾向を見ると、経験年数の浅い方の被災が増加しており、社員全員が安心して安全に働ける職場にするための活動が、まだまだ不十分であることを痛感しています。

今年は、「安全感性の向上」「職場規律の向上」を推進するとともに、「作業方法の適正化」を展開します。そして、作業手順の不備によるリスクをなくし、すべての作業者が安全に働ける職場をめざします。

当社グループの基本方針である「安全を全てに優先する」「安全と健康は幸せの原点」を念頭に、全員参加でより強固な「安全と健康の大同特殊鋼グループ」を構築していきましょう。

さて、改めて昨年を振り返りますと、新元号を迎え、ラグビーワールドカップで日本中が熱狂したことは記憶に新しいですが、九州北部豪雨や台風15号、19号といった大きな自然災害が発生し、日本各地で被災された方が多数いらっしゃることを忘れてはなりません。

経済に目を向けると、長期化する米中貿易摩擦や日韓関係に日本経済も少なからず影響を受けた一年でした。世界経済全体を見渡しても、混迷するイギリスのEU離脱、中東情勢や香港の民主化デモといった地政学的リスクなどにより経済は減速し、一昨年とは大きく環境が変化しました。

このような世界経済の不透明感が継続し、本格的な回復には時間を要することが見込まれることから、当社の事業環境は決して良好な状況ではありませんが、将来を見れば、CASE※1、5G※2やIoT※3といった当社グループの製品、技術を生かせる分野が拡大していきます。2020中期経営計画に掲げている「ポートフォリオ改革」「事業基盤の強化」「事業の再構築」の3本柱を軸に、より一層の改革を推進すべく、将来を見据え「今、何をすべきか」「今、何ができるか」をしっかり考え、これから述べる諸課題に取り組んでいきましょう。

一、機能材料製造能力強化によるポートフォリオ改革推進

知多工場のNo.2連続鋳造ライン合理化、知多・渋川工場の再溶解設備増強、星崎工場の二次加工能力増強、高級帯製造能力増強、粉末溶解能力増強、知多第2工場新設による高機能ステンレス鋼二次加工増強など、付加価値の高い高機能材料の生産能力を上げるための設備投資を実行してきました。また、本年5月には中津川に、磁石の研究開発ならびに次世代モーター研究の加速を目的とした研究所を設立します。どれもポートフォリオ改革に資する重要な投資であり、早期に戦力化し、お客様のニーズにしっかり応えていきましょう。

二、コスト圧縮・効率運営による事業基盤の強化、不採算事業の立て直し

需要の低迷からスクラップや合金の市況価格が下落するなど、コスト面では有利な状況にあるものの調達環境によって一喜一憂してしまうようでは、強い事業基盤とは言えません。固定費圧縮、生産性向上、歩留改善などを愚直に積み重ね、実力を継続的に向上させていくことが極めて重要です。また、お客様との対話を深化させ、ニーズをしっかり掴み、生産運営や技術開発を効率的に進めることも事業基盤の強化に繋がります。グループの全体最適をさらに指向し、営業・生産双方での施策を着実に実行していきましょう。

三、リスクマネジメントとコンプライアンスの更なる強化と定着

当社がグループ全体のリスク低減と内部統制の実効性を向上させるためにCRM(コーポレート・リスク・マネジメント)部を設立して3年目となります。この活動は、大同特殊鋼グループが事業を継続する上での大前提であり、将来に向けての投資です。

昨今、ステークホルダー※4が各企業を見る目は厳しくなるだけでなく、多様化しています。単純に収益を上げていれば良いわけではありません。従来からのCSR(企業の社会的責任)、ESG(環境・社会・ガバナンス)に加え、最近ではSDGs(持続可能な開発目標)への貢献が求められています。我々もこれらを意識し、企業価値をさらに高め、社会に貢献していくことが持続的な成長に繋がります。

みなさんも職場でのリスクマネジメント、コンプライアンス、社会貢献に対する意識をより一層高め、行動してください。

最後に、現在自動車業界は100年に一度の変革期を迎え、素材に求められるニーズも大きく変わろうとしています。社会やお客様が求めるニーズに応えるため、そして次の世代に繋げるために、我々も大きな変革や決断を求められる場面がたくさんあると思いますが、常に挑戦する気構えで行動することが大切です。

また、労働人口減少、働き方改革の観点から企業の根幹を支える「人」への取り組みも非常に重要なテーマです。一人ひとりが活躍している未来を描き、実現するためのキャリア支援、多様性を生かすダイバーシティの推進や働き方改革による生産性向上の施策など、一人ひとりの力を遺憾なく発揮できる環境づくりを進めていきましょう。

そして今一度、大同特殊鋼グループの経営理念『素材の可能性を追求し、人と社会の未来を支え続けます』を胸に刻んで、グループスローガンである“Beyond the Special”の下、一個人、一社会人そして一企業として大きく飛躍しましょう。大同特殊鋼の行動指針である『高い志を持つ、誠実に行動する、自ら成長する、チームの力を生かす、挑戦しつづける』を実行し、大同特殊鋼グループにとって令和の新時代が輝かしい未来となるよう、共に頑張っていきましょう。

ご健康で ご安全に!

代表取締役社長執行役員 石黒 武

  • 1:

    Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、
    Electric(電気自動車)の頭文字をとった、自動車産業の変化を表す造語

  • 2:第5世代移動通信システム(5th Generation)
  • 3:モノのインターネット(Internet of Things)
  • 4:利害関係者(社会、官公庁、株主、取引先、周辺住民、従業員等)

ピックアップ

会社概要

会社概要

大同特殊鋼の会社概要をご覧いただけます。

事業場一覧

事業場一覧

大同特殊鋼の事業場一覧をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る