PCサイト表示で見る

閉じる

溶接材料 ソリッドワイヤ ステンレス鋼用

WSR

自動車排気処理系部材は、塩害による孔あきへの対応や軽量化の観点からフェライト系ステンレス鋼が多く用いられています。それに合わせて、ワイヤの組成、作業性、溶接施工条件などあらゆる角度から検討を加えて従来の欠点を大幅に改善した、新しい自動車排気処理系部材用のフェライト系ステンレス鋼ワイヤがWSRシリーズです。

WSRシリーズ (PDF:225KB)

WSRシリーズの特長

  1. ワイヤ表面にCuめっきが施されていますので溶接条件範囲が広く、作業性が良好です。
  2. スパッタの発生が少なく、平滑で良好なビード外観が得られます。
  3. コンタクトチップの寿命がのびます。
  4. 高温耐酸化性に優れています。
  5. 溶接部は良好な機械的性質を示します。とくに延性に優れています。

用途

自動車排気処理系部材などフェライト系ステンレス鋼の突合せ・すみ肉溶接

対象部位ワイヤ

エキゾーストマニホールド
WSR42K、WSR42KM
エキゾーストマニホールド・排気管
WSR35K、WSR43KNb

フェライト系ステンレス鋼ワイヤ WSRシリーズ

銘柄をクリックすると詳細資料(PDF)をご覧いただけます。

銘柄 用途 特長 JIS規格 AWS規格
WSR42K MIG、MIGパルス溶接用 フェライト系ステンレス鋼の溶接に最適。スパッタが少なく、平滑で美しいビード外観
-
-
WSR42KM MIG、MIGパルス溶接用 WSR42Kの高温特性を改善。スパッタが少なく、平滑で美しいビード外観
-
-
WSR35K MIG、MIGパルス溶接用 Ar+O2混合ガス溶接用のワイヤで、耐粒界腐食性に優れる。
-
-
WSR43KNb MIG、MIGパルス、MAG、MAGパルス溶接用 高Nb添加によりすぐれた耐食性を実現した溶接ワイヤ。Ar+CO2混合ガスでも溶接可能
-
-

ピックアップ

SDS

SDS

一覧からSDSをダウンロードできます。

PRTR排出量等の算出方法

PRTR排出量等の算出方法

PRTR排出量等の算出方法をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る