当社は「女性活躍推進法」が制定されて以降、当社行動計画に基づき、女性の採用増への施策を始め、就労環境整備、社内意識改革等を中心とした活動を実施、継続してきました。
2021年からは更なるステップアップをめざし、もう一段上の女性活躍機会を広げるべく、次のように行動計画を策定しました。

計画期間 計画期間

2021年4月1日~2026年3月31日(5年間)

当社の課題 当社の課題

  1. 女性の管理職が少ない。
  2. ライフイベントを含めたキャリア支援・キャリア開発の機会が少ない。
  3. 多様性を促進する職場風土の醸成に至っていない。

目標、取組時期、取組内容 目標、取組時期、取組内容

目標

  • ・次世代の管理職を担う係長級の女性比率を17%にする。(12% → 17%)
  • ・9年~11事業年度前に採用された女性社員の定着率を80%にする。(33.3% → 80%)
  • ・女性のキャリア開発を支援する取り組みを行う。
  • ・多様性を受容し活かす風土づくりを継続・推進する。

 

取組時期、内容

2021~2022年 働き続ける女性社員向けにキャリア形成やロールモデルの確立を図るための研修・情報提供を検討し実施する。
(スタッフ系・現業系 各コース別に実施)
2021年10月~ 次世代管理職および管理職を対象に、女性を含めた個々の多様性を活かすための実践的なワークショップを実施する。
2022年4月~ 女性管理職候補を対象としたマネジメント研修を実施する。
2021年~2025年 全女性社員を対象とした個人別のヒヤリングを継続し、就労継続およびキャリアパスに関する課題を整理し改善に繋げる。

女性活躍推進法 公表数値 女性活躍推進法 公表数値

2021年11月時点

女性採用比率

2020年度

事務系(スタッフ) 25.5%
技術系(エキスパート) 5.5%

男女の平均勤続勤務年数の差異

2020年度(2021年3月末時点)

職種 男性 女性
事務系(スタッフ) 17.8年 19.5年
技術系(エキスパート) 19.0年 5.7年

男女別の育児休業取得率

対象期間 2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)

職種 男性 女性
事務系(スタッフ) 12% 83%
技術系(エキスパート) 1% 0%

※女性技術系(エキスパート)は対象期間における該当者なし

正社員の中途採用比率 正社員の中途採用比率

2018年度 2019年度 2020年度
19% 27% 14%

ダイバーシティ

PAGE TOP