大同特殊鋼バレボール部【Red Star】
試合日程・結果
2011
第31回愛知県実業団6人制秋季リーグ
10月9日(日)小原トレーニングセンター(愛知県)
大同特殊鋼 Red Star   アイシン精機
2
25 -  9
25 - 16
0
天皇杯予選で敗退してから1ヵ月が過ぎ、今回は若手を多く起用して臨んだ。1セット目は序盤から倉田、平野、山口など高さで勝る大同が相手のスパイクを次々ブロックし、相手に流れを渡すことなくセットを取る。続く2セット目は倉田から山下へ、平野から斎藤へメンバーを交代し、序盤こそうまく噛み合わなかったが、徐々にリズムを掴みこのセットも連取しストレートで勝利した。
大同特殊鋼 Red Star   トヨタ車体
2
25 - 14
25 - 12
0
1試合空き時間があって迎えた2試合目。この試合も1試合目と同じメンバーで臨み、終始相手を圧倒。サーブで崩しブロックで止める展開で難なくセットを取る。2セット目もサーブで崩し、相手のバレーをさせない展開。相手の攻めてくるサーブに何回か崩されかけたが、選手全員でカバーしあい、この試合もストレートで勝利した。
今回は常に課題として挙げられている細かいプレーが改善されておらず、内容にこだわりたい大同としては勝利はしたものの、後味の悪い試合だった。再度課題を整理し、さらに改善されるよう練習に励みたい。応援に来てくださった方々ありがとうございました。

 

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会東海ブロック
9月4日(日)豊橋市総合体育館(愛知県)
大同特殊鋼 Red Star 1回戦 岐阜大学
2
25 - 10
25 - 15
0
序盤は相手のブロックや自分たちのスパイクミスなどで2−5とリードを許す。しかし、ここから連続得点で逆転に成功すると、終始自分たちのペースで試合を進め、ミスもなく第1セットを取る。
2セット目も序盤から突き放すことが出来ないものの、中盤から徐々に差を広げストレートで勝利した。
大同特殊鋼 Red Star 決勝戦 愛知学院大学
0
20 - 25
23 - 25
2
2試合目は天皇杯本選を懸けた代表戦。立ち上がりから相手のリズムで試合が進み、序盤にリードを許し追いかける展開に。それでもなんとか追いつくところまでいくものの逆転することが出来ずセットを失う。
続く2セット目も相手のリズムを崩すことが出来ない。今シーズンから取り組んできたサーブが入らず、相手のエースを止めれずと練習の成果が出ない。それでも2点差を守りながら終盤まで粘りを見せるが、最後にミスが出てゲームセットとなり、今シーズンも天皇杯の切符を手にすることが出来なかった。

敗因は選手全員の気持ちの面だったように思えたこの試合。ここ一番での試合で、いかに普段どおりのプレーが出来るかが今後の課題であり、リーグに向けて練習して行きたい。悪天候の中、応援に来てくださった方々本当にありがとうございました。

 

第66回国民体育大会成年6人制バレーボール東海ブロック
8月21日(日)サンアリーナ(三重県)
愛知県 1回戦 岐阜県
3
25 - 22
25 - 16
31 - 29
0
国体本選出場を懸けた東海ブロック初戦。相手は来年の岐阜国体で強化中の勢いのある岐阜県との対戦。試合開始直後から、こちらの緊張で相手に主導権を握られ苦しい立ち上がりになる。それでも中盤に追いつき、なんとか点差をひっくり返すと、そのまま第1セットを取る。
続く2セット目は序盤は均衡したゲームが続くが中盤から相手のミスが出始めこのセットは簡単に取る。3セット目も先ほどのセット同様の展開で進み24−21でマッチポイントを迎えるが、こちらのミスなどで同点にまで追いつかれる。流れが完全に相手に行き危険な展開だったが、最後に何とか抜け出し初戦をストレートで勝利することができた。
愛知県 決勝戦 岐阜県
2
17 - 25
24 - 26
25 - 23
25 - 12
13 - 15
3

去年の東海ブロック代表で国体4位になった強豪チーム。メンバーには現役のプレミアリーグ選手や元全日本選手など豪華な顔ぶれが並ぶ。1セット目は完全にチームが委縮してしまい、先ほどのゲームとは打って変わり元気がなく、何もできずに取られてしまう。
次の2セット目からは山口に変え辰巳を投入し流れを変えようと試みる。相手の高いスパイクやブロックに苦戦しながらも徐々に元気が出始め、いい流れになるも最後2点がこちらのミスで取られ後がなくなってしまう。
3セット目からは委縮していたメンバーが完全に立ち直り、いい雰囲気でゲームが進む。終盤の相手の追い上げを退け1セットを取る。
4セット目は完全に愛知の流れで突っ走る。10点を超えると面白いようにブロックが機能し始める。このセットで6本もブロックを出し相手の勢いを一気になくし大量得点で勝負はファイナルに持ち越される。
5セット目も勢いそのままに序盤から愛知のペースで進む。8−6でコートチェンジをするが静岡もこのまま簡単にはいかせてくれない。なんと一気に8−9までもっていかれゲームをひっくり返される。何とか追いつきたいがあと1点が遠い。13−14までいくも最後はクイックを決められゲームセット。

大同単独でしかもレギュラー陣が出場できない中、若手だけでここまで、善戦できたのはチームとしてかなり大きな成果だった。最終的に勝つことはできなかったが、とてもいい経験ができたと思う。この敗戦を次に生かせるよう今後もっと練習をして更なる飛躍を目指し精進していきたい。遅くまで応援してくださった方々本当にありがとうございました。

たくさんの応援ありがとうございました
第61回中部日本6人制バレーボール総合男女選手権大会
7月17〜18日(日)安八町総合体育館(岐阜)
大同特殊鋼 Red Star 1回戦 新潟教員
2
27 - 25
25 - 18
0
序盤は相手の強烈なジャンプサーブと両エースに苦しみ、接戦で試合が進む。先にリードしても相手のサーブや自分達のミスから同点にされ、なかなか思うようにゲームが展開できない。最後まで1点を争うゲームになったが、何とか1セット目は辰巳のバックアタックで、このセットを取る。続く2セット目も相手の高いスパイクなどに苦しめられる。しかし、辰巳の活躍や相手のミスなどにより、徐々に点差を離しストレートで勝利した。
大同特殊鋼 Red Star 2回戦 遊メンズ
2
25 - 11
25 - 14
0

相手の情報がまったくなく、油断できない状態で試合が始まる。相手が初戦だったこともあってか、相手のミスで序盤から一気に点差を広げる。その後もペースを緩めることなく、終始リードした状態で1セット目を取る。2セット目は選手を若手に代えて挑んだ。辰巳に代え山口、土屋に代え川口を入れ、2セット目に入る。しかし、1セット目の大量リードで気が緩んだか、散漫なプレーが目立ち始める。ノーマークでのスパイクミス、サーブミスに加え、ダラダラした雰囲気で、試合には勝ったものの内容としては良くないセットだった。

大同特殊鋼 Red Star 準決勝 東レアローズ
0
18 - 25
21 - 25
2

2日目はプレミアリーグ所属の東レとの対戦。若手メンバーで構成されているが、高さやプレーの質などは相手の方が確実に上。どこまで通用するのかを確認する、とても良い機会であった。
1セット目は相手のプレーよりも自分達のプレーができず、大量リードを許す。スパイクミス、サーブミス、カットミスなどが頻発し、一気に走られる。中盤になんとか自分達のプレーが出始めるものの点差が広がり、あっさりこのセットを失う。
2セット目は相手のプレッシャーにも負けず、互角の状態が続く。先にこちらが3点リードするも、相手のサーブなどに苦しめられ、そのまま走れない。相手が決めれば、こちらも決める緊迫した試合展開の中、20点台に入ると勝負どころでミスが出る。スパイクミス、サーブミス、コンビミスが続き、最後は相手の強烈なサーブで崩され、スパイクを決められゲームセット。悔しい敗戦となった。

しかし、この試合を通じて今季取り組んできたコンビやレシーブなどの成果は十分に見られたと思う。結果は3位だったものの、とても手応えのある試合だった。暑い中、応援に来てくださったファンの方々本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。
第66回国民体育大会 成年6人制バレーボール愛知県予選会
6月26日(日)豊田合成体育館、県立稲沢東高校体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star   I.V.C
2
25 - 8 
25 - 18
0
立ち上がりから自分達のペースで試合が進む。相手のミスも出ていたため、1セット目はほぼ完璧なゲームを展開した。続く2セット目は、相手のミスがなくなり、逆にこちらがミスをする展開に。集中力が切れたのかピリッとしないゲーム内容ではあったが、中盤にブロックやサーブなどで点差を広げ、相手のミスも出始め初戦を勝利する。
大同特殊鋼 Red Star   SUNRICE
2
25 - 17
25 - 20
0

序盤からリードしながら試合が進むも、なかなか点差を広げられない。しかし要所要所で山口、川口がブロックで相手のスパイクを止め1セット目を取る。2セット目は前のセットの勢いのままに序盤から点差を付け、終盤に相手に連続得点されるも点差を縮めさせず、この試合もストレートで勝利した。

大同特殊鋼 Red Star   味祭
2
24 - 26
25 - 15
25 - 20
1

立ち上がりから相手のペースで試合が進む。ジャンプサーブに苦戦し、思うようにゲームを組み立てられない。タイムアウトを取ってもなかなか流れが良くならず、常に相手のリードで試合が中盤まで進む。しかし、そこから山口のスパイクやブロックなどで一気に逆転。先にセットポイントを奪い、スパイクを決めるもまさかのファール。その後、ミスが続き1セット目を取られる。気を入れなおし2セット目は序盤から大同ペース。さっきとは逆の展開でリードを許さないままファイナルセットへ。最初から得点を取りにいく両チーム。しかし、相手のミスや乗っている山口のスパイクなどで流れは徐々に大同へ。最後は山下が落ち着いてスパイクを決め、東海ブロックへ駒を進めた。

今回のチームは若手主体で不安な要素もあったが、見事その不安に打ち勝ち優勝できて良かった。まだまだ満足はできないものの、今回の試合を通して更なる飛躍を期待したい。
最後までたくさんの応援ありがとうございました。

第31回愛知県実業団6人制 春季リーグ
6月5日(日)下山トレーニングセンター(愛知)
大同特殊鋼 Red Star   デンソー安城
2
25 - 10
25 - 18
0
試合序盤からサーブとブロックで点数を重ねる展開。相手のミスもあり大差を付けて1セット目を取る。続く2セット目は辰巳から山口にメンバーを変更したが、危なげなく勝利した。
大同特殊鋼 Red Star   トヨタ自動車
2
25 - 12
25 - 10
0

V・チャレンジリーグ同士の対決だったが、この試合も序盤で点差を付けて優位にゲームを進める。メンバーに若手を起用しての試合だったので苦戦を予想したが、ストレートの勝利で優勝を決めた。

今回の試合は、前回に比べてミスが目立った試合だった。サーブ、レシーブ、コンビの精度など課題は山積みと改めて痛感した試合だった。 今後更にレベルアップしていけるよう練習していきたいので、これからも応援よろしくお願いします。

中部総合選手権大会 愛知県予選
5月29日(日)豊田市運動公園体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star 1回戦 TAJIMI.DAA
2
25 - 22
25 - 17
0
V・チャレンジリーグが終わってから約2ヶ月、今シーズン最初の公式戦であり、期待と不安が入り混じる緊張感のある大会であった。しかもレッドスターが一番苦手とする1発勝負のトーナメント戦である。
1回戦は試合勘が戻らないこともあり、終始ミスが目立った。練習してきたコンビもかみ合わず、相手チームの強気なプレーに苦戦を強いられる。しかし終盤にブロックが決まり、相手チームのミスにも助けられてストレートで勝利した。
大同特殊鋼 Red Star 準決勝 伊勢茶Wins
2
25 - 21
25 - 20
0
準決勝は元チャレンジリーグの選手が主体である油断できないチーム。しかし、レッドスターは1回戦より動きが良くなり、コンビもかみ合い始め、サーブ・レシーブは練習の成果を発揮できた。結果、中盤までは競り合いが続いたが、終盤に抜け出して2セットを連取しストレートで勝利した。
大同特殊鋼 Red Star 決勝 味祭
2
25 - 14
25 - 13
0
決勝戦は全てフルセットで競り勝ってきて勢いに乗る危険なチーム。特に相手チームのセンターラインの調子がこの試合のカギを握ると予想し、序盤からサーブで攻めて相手チームにコンビを組ませない。これで勢いに乗ったレッドスターは、練習以上の良いコンビで相手チームのブロッカーに的を絞らせず、ストレートで勝利して中部総合選手権大会本選の出場を決めた。

V・チャレンジリーグ後の課題としてきたコンビとレシーブを今日の結果だけで判断することは難しいが、随所に良いコンビもあったので、今後もっと良くしていきたい。しかし、レシーブはまだまだ軟打やコースに抜けたスパイクを拾えないので、気を引き締めなければいけない。今大会を通して大きな収穫もあったので、今後のチーム作りに反映させていきたい。
今回悪天候にも関わらず応援に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
Copyright (C) Daido Steel Co., Ltd. All Rights Reserved.
大同特殊鋼