大同特殊鋼バレボール部【Red Star】
V・チャレンジリーグ 試合日程・結果
2012
 

V・チャレンジリーグ、始まる!

2012年12月 1日(土)刈谷市体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
富士通
2
25 - 21
21 - 25
20 - 25
25 - 22
11 - 15
3

地元での今リーグ初戦は昨シーズン3位の富士通との戦い。大同は倉田、辰巳がフル回転でスパイクを決め、第1セットをとる。しかし、地力のある富士通は速攻を絡めながら大同のブロックの隙間を狙い、徐々にペースを作り、2、3セットを連取。後がなくなった大同は持ち前の粘りと両エースの頑張りで4セット目を取り返しフルセットに持ち込む。運命の5セット目、先にリズムを作った大同だったが、じりじりと追い上げられる。11-11から大同はミスを連発、11-15で落とし、勝利を逃す。

 
2012年12月 2日(日)刈谷市体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
きんでん
3
25 - 20
25 - 23
25 - 21
0

初白星をかけた2戦目は、きんでんとの戦い。この試合は大同のブロックでリズムを作り出し、倉田、辰巳の安定したスパイクが決まってストレートで勝利を収めた。自分たちが考えて取り組んできた練習の成果が出た。粘り強いレシーブから最後は両エースが決めるパターンを多く出せた試合であった。

 
2012年12月 8日(土)トヨタスポーツセンター(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
ジェイテクト
13 - 25
13 - 25
15 - 25

ジェイテクトの多彩なサーブでレセプションを崩され、最後まで修正できず完敗でした。両エースも良い形でスパイクを打つ本数がなく、大同らしさを消されてしまった一戦でした。

 
2012年12月 9日(日)トヨタスポーツセンター(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
近畿クラブ
3
20 - 25
26 - 24
25 - 18
25 - 22

前日の敗戦をひきずるような1セットでした。レセプションが崩され、思うような戦いにもっていけず苦しみましたが2セット以降はサーブで相手を崩し、ブロックで止める形が少しずつ出てきました。ミドルの平野、山口がうまくポイントをあげ、苦しい戦いの中にも少しずつ大同の形が出てきての勝利でした。年内最後の戦いを勝利し、年明けまでにチームを修正して次の戦いに備えたいと思います。

 
2013年 1月13日(日)近畿大学記念会館(大阪)
大同特殊鋼 Red Star
兵庫デルフィーノ
2
25 - 22
19 - 25
19 - 25
29 - 27
12 - 15
3

同タイプのチームとの戦い、どうしても勝ち星の欲しい一戦。

1セットは同チームのエースの打ち合いとなったが、勝負所で得点を重ねて逃げ切る。

しかし、2セットにアクシデント発生。エース倉田が足首を痛めて途中交代。リズムが崩れ、あっという間にデルフィーノの流れとなりセットを落とす。治療をすませた倉田をコートに戻すが、リズムが崩れたまま3セットも落とす。

後がなくなった大同だが、レシーブで粘りを見せる。バックアタックでデュースに持ち込み、必死にしのいで4セットを取る。 ファイナルセットはお互いに決め手で勝負するが、デルフィーノが一歩先に抜け出しゲームセット。 痛い一敗を喫した。

チーム全体でカバーできず単調なバレーとなり、最もしてはならない「守り」に入ってしまった。今回の一敗を反省し、次回からの戦いにもう一度大同らしいバレーができるように練習します。応援よろしくお願いします。

 
2013年 1月19日(土)新宿コズミックセンター(東京)
大同特殊鋼 Red Star
つくばユナイテッド
2
25 - 15
19 - 25
28 - 26
16 - 25
11 - 15
3

つくばユナイテッドとの試合はリーグ終盤に向け、お互いに負けることのできない一戦。

第1セット、大同は倉田、平野、辰巳にボールを集め、序盤と終盤で4本のブロックを含めた連続得点で主導権を握り、このセットを奪う。

第2セット、つくばは後半にかけて木原、加藤、出耒田が主軸となって攻勢に転じ、タイミングの良いブロックなどで、このセットを奪う。

第3セットは序盤と終盤に大同が4連続得点し、24点を先行。つくばは、後半から出耒田にボールを集めてジュースに持ち込むものの山下、辰巳がアタックを決め、大同が一歩リードする。

第4セット、つくばはサービスエース4本と大事な時のブロック3本の効果により、このセットを奪う。

第5セット、8−7でコートチェンジ後、つくばは出耒田、加藤を中心とした攻撃に転じ、大同は守り攻めきれず、あえなくゲームセット。

サーブレシーブを崩される苦しい場面もあったが、チーム全員でスパイクレシーブを頑張り、ゲームを捨てない姿を見せることはできた。
しかし、「もう1点を取る力」をつける必要性を痛感した。

 
2013年 1月26日(土)洲本市文化体育館(兵庫)
大同特殊鋼 Red Star
警視庁
1
23 - 25
25 - 21
22 - 25
23 - 25
3

第1セット序盤、終盤はお互い連続ポイントを許さない展開となったが、24−23から警視庁 松本のスパイクが決まり、1セットを先取される。

第2セットは終始、平野、辰巳のブロックポイントなどで大同のペースで進む。終盤も倉田のバックアタックが要所で決まり、このセットを25−21で奪い返す。

第3セットは倉田、辰巳のスパイク、好プレーが続いたが、18−17から金丸の連続スパイクでリードされ、22-25で落とす。

第4セット、倉田のサーブを起点に序盤を大きくリードするが追いつかれる。終盤は白熱した展開となったが、警視庁に押し切られ23−25でゲームセット。

"自滅"、ゲームが進めば進むほど自分たちのミスが目立ち、我慢が足りない。
チームとしてやることを認識し、自分のプレーをもう一度見直して、この先の試合に備えたい。

 
2013年 1月27日(日)洲本市文化体育館(兵庫)
大同特殊鋼 Red Star
東京ヴェルディ
1
21 - 25
25 - 19
15 - 25
26 - 28
3

第1セットは中盤まで大同がリードするが、東京ヴェルディが逆転。21−25で先取される。

第2セット、倉田、辰巳の攻撃でリズムに乗り、セットカウントを1-1のイーブンに戻す。

第3セット、東京ヴェルディは根布屋、間瀬の攻撃と黒澤、溝口の連続ブロックが出るが、流れをつかめず落とす。

第4セット、大同はリードしたが中盤に追いつかれ、一進一退の攻防が続くものの26−28で落とし、ゲームセット。

苦しい戦い。やはり、あと一歩何かが足りない。
チームの迷いを取りのぞき、後半戦を巻き返したい。

 
2013年 2月 2日(土)宮前スポーツセンター(神奈川)
大同特殊鋼 Red Star
トヨタ自動車
3
26 - 24
25 - 17
25 - 19
0

第1セットは接戦となったが大同が先取。

第2セット、倉田、辰巳のスパイクでトヨタ自動車を引き離し、セットを連取する。

そのまま第3セットも勢いを維持し、序盤からリードを広げる。山口のブロックや辰巳のスパイクでトヨタ自動車の追い上げをはねのけ、最後は赤澤のスパイクで勝利を収めた。

ようやく連敗ストップ。チームとして、どうしても勝利したい試合を勝ち取った。まだまだ自分たちのミスから連続失点の場面が数多くある。修正が必要。

 
2013年 2月 3日(日)宮前スポーツセンター(神奈川)
大同特殊鋼 Red Star
東京トヨペット
3
25 - 14
25 - 15
25 - 13
0

第1セット、序盤から少しずつ点差を広げる。要所でフェイントを決めるなど、大同らしい攻撃を見せて先取。

第2セット、中盤から倉田、平野、辰巳のスパイクが冴え、8連続ポイントで東京トヨペットを引き離し、連取する。

第3セット、勢いに乗る大同は東京トヨペットを引き離す。終盤は山口や辰巳のブロックポイントが決まり、最後は途中出場の馬場がスパイクを決め、今リーグ初の連勝。

少しずつ大同の形が出てきた。折り返しで、もう一度チームを立て直し、一戦ずつ大切に戦いたい。

2月9日、10日はホーム(大同特殊鋼体育館)開催。最高のパフォーマンスで勝てるようにチーム一同頑張りますので応援よろしくお願いします!

 
2013年 2月 9日(土)大同特殊鋼体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
兵庫デルフィーノ
3
25 - 15
25 - 15
25 - 16
0

大同は1・2セットを通じ、倉田の力強いサーブで兵庫のレシーブを崩し、攻撃を封じ込めた。勝負どころでブロックフォローを全員で行い、アタッカーを後押しする全員バレーができた。また、絶妙なタイミングでタイムアウトをとり、兵庫の流れをきっちり切るベンチワークも冴えた。

前回対戦はフルセットで負けたため、今回はどうしても勝ちたかった試合。練習を積み重ねてきたサーブで勝利した。

ホームゲームで選手に少し緊張が見えたものの、みなさんの応援の声がチームの力となりました。ありがとうございました!

 
2013年 2月10日(日)大同特殊鋼体育館(愛知)
大同特殊鋼 Red Star
きんでん
3
25 - 12
25 - 20
28 - 26
0

大同は1セット序盤から、倉田・辰巳の力強いスパイクが相手コートに突き刺さる。また、辰巳のサーブは10連続得点を呼び、相手に攻撃をさせなかった。

ゲームを通じてチームの持ち味であるサーブで崩し、平野・山口のブロックでチャンスを得る形ができた。サーブレシーブに苦しめられたものの、明暗を分けたのは攻撃力の差。苦しい戦いだったが選手が集中し、前の試合に続きサーブが走っていた点が良かった。

たくさんの応援ありがとうございました。

2日間のホームゲーム、みなさんの応援がチームにとって大きな力となりました。残り試合も全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします!!

 
2013年 2月16日(土)和歌山ビックウエーブ(和歌山)
大同特殊鋼 Red Star
近畿クラブ
3
25 - 13
25 - 14
22 - 25
25 - 27
15 -  8
2

第1セット、倉田が安定してアタックを決めてリードし、相手のミスもありセットを取る。

第2セット前半、苦しめられるも倉田、平野、辰巳のブロックやアタックポイントを重ねてセットを連取。

第3セット、流れをつかめずセットを落とす。

第4セット、相手の勢いを止めることができずセットを連取される。

第5セット、倉田、平野、辰巳を中心に落ち着きを取り戻し、相手を突き放し、勝利した。

とても苦しい戦いだったが、勝利することができた。ブロックの位置など反省点を修正していく。

 
2013年 2月17日(日)ベイコム総合体育館(兵庫)
大同特殊鋼 Red Star
東京ヴェルディ
3
25 - 23
25 - 27
25 - 23
33 - 31
1

第1セット、一進一退の攻防が続いた。終盤、辰巳、草場がスパイクで粘り、相手を振り切った。

第2セット、デュースにもつれ込む大接戦となったが、最後は東京ヴェルディ根布屋にスパイクを決められ、このセットを取られる。

第3セット、終盤追い上げられたが、倉田のバックアタックと山口の速攻が効果的に決まり、終始リードを保ち、セットカウントを2−1とした。

第4セット、22−24とセットポイントを握られたが、辰巳のスパイクと赤澤のサービスエースでデュースに持ち込んだ。倉田のアタック、辰巳のブロックで両チームとも一歩も譲らない攻防となったが、最後は倉田の軟打がコート中央に決まり、勝利した。

大きな1勝をチーム全員で勝ち取ったと思います。残りゲームも少なくなりましたが、チーム全員で「一戦必勝」で頑張ります。会場での多くのご声援ありがとうございました。最後まで応援よろしくお願いします。

 
2013年 2月24日(日)稲城市総合体育館(東京)
大同特殊鋼 Red Star
警視庁
0
20 - 25
21 - 25
21 - 25
3

前回の対戦で警視庁に惜しくも負けている大同にとっては負けられない一戦。

第1セット、アタックの打ち合いとなる。しかし、流れをつかんだ警視庁にセットを先取される。

第2セット、倉田がブロック、スパイクを決め、流れを戻し中盤に追いつくが連取される。

第3セット、前半をリードされるも途中交代で出場した赤澤のブロックが決まり、10−10と並ぶ。しかし、それから相手を止められず、流れをつかめぬままゲームセット。

敗因は、サーブで攻めることができず、受け身に回ってしまった。自分達が考えていたことを警視庁が実践していた。残り少なくなったリーグ戦ですが、全力で頑張ります。

 
2013年 3月 2日(土)川崎市体育館(神奈川)
大同特殊鋼 Red Star
富士通
1
18 - 25
21 - 25
25 - 23
23 - 25
3

第1、第2セット、富士通のブロックに阻まれ流れをつかめず、富士通に先取される。

第3セット、大同は川波のコンビプレーで先に流れをつかみセットを奪う。

第4セット、富士通リードでゲームが進む中、大同も粘りあるレシーブで追い上げる。しかし、後一歩届かずゲームセット。

 
2013年 3月 3日(日)川崎市体育館(神奈川)
大同特殊鋼 Red Star
トヨタ自動車
3
31 - 29
25 - 27
25 - 20
25 - 21
1

第1セット、一進一退の攻防を繰り広げる。デュースにもつれ込む接戦となり、大同が辰巳の連続得点で先取する。

第2セット、大同のブロックがトヨタの速い攻撃を抑えるが、終盤に逆転され、このセットを落す。

第3セット、トヨタは粘りのレシーブをみせるが、大同は攻撃陣の頭脳プレーで逃げきる。

第4セットは序盤から大同がペースをつかみ、終始安定したゲーム展開でリードを許すことなく奪い、この試合に勝利した。

 
2013年 3月 9日(土)21世紀の森体育館(沖縄)
大同特殊鋼 Red Star
東京トヨペット
3
25 - 21
25 - 20
25 - 11
0

第1セット、大同は倉田のブロックなどで東京トヨペットを突き放し、先取する。

第2セット途中、セッター淡田の負傷により途中出場した赤澤もバックアタックを絡めた多彩なトスワークで東京トヨペットのブロック陣を翻弄した。

第3セットも終始ペースを握った大同が試合を優位に進め、ストレートで勝利した。

 
2013年 3月10日(日)那覇市民体育館(沖縄)
大同特殊鋼 Red Star
ジェイテクト
0
19 - 25
30 - 32
20 - 25
3

第1セット、大同の攻撃を封じられ先取される。

第2セットはデュースに持ち込むが、ジェイテクトの攻撃を止められず接戦を落す。

第3セット、勢いづいたジェイテクトを止めることができずゲームセット。

 
2013年 3月17日(日)桜総合体育館(茨城)
大同特殊鋼 Red Star
つくば
1
21 - 25
25 - 22
18 - 25
21 - 25
3

最終戦を勝利で飾ることができなかったのが残念です。最終結果は6位。結果はついてこなかったものの、チームは確実に成長したと思います。

また練習して、強いチームを作り、またコートに戻ってきます。

シーズンを通してあたたかい応援をいただいた方々、本当にありがとうございました。チーム一同、心から感謝しています。

今後とも大同特殊鋼レッドスターをよろしくお願いします!

 
 
▲PAGE TOP
Copyright (C) Daido Steel Co., Ltd. All Rights Reserved.
大同特殊鋼