文字のサイズ

マトリックス冷間ダイス鋼「DCMX」を発売
~冷間金型の製作リードタイム短縮、寿命向上に貢献~

大同特殊鋼株式会社(社長:小澤 正俊)は、冷間プレス・冷間鍛造用金型の製作リードタイム短縮、寿命向上に適したマトリックス冷間ダイス鋼「DCMX(ディーシーマトリックス)」を開発し、2008年10月から発売します。

DCMXは、国内初のマトリックス冷間ダイス鋼です。粗大な炭化物を極限まで低減することにより、等方性がSKD11(JIS鋼)対比50%以上向上しており、熱処理時の寸法調整が容易です。また、高靭性(同2倍以上)なため金型寿命を向上できます。さらに、高硬度で被削性にも優れ、金型のつくりやすさと高性能を兼ね備えています。

1.背景

冷間プレス・冷間鍛造用金型は、短納期化、低コスト化の要求が高まる一方、金型にかかる負荷が増大しており、金型製造性と金型性能を両立する素材が望まれています。当社では、2004年秋に発売した「マトリックスハイス・DRM(ドリーム)シリーズ」で培った炭化物制御技術を最大限に活用し、新しくマトリックス冷間ダイス鋼を開発しました。

2.特長

金型のつくりやすさと寿命向上に貢献する「マトリックス冷間ダイス鋼」

特性 SKD11(JIS鋼との対比)
金型鋳造性 等方性 優れている(50%以上向上)
被削性 優れている(3倍以上)
金型性能 最高硬さ 優れている(62HRC →SKD11=60HRC)
靭性 優れている(2倍以上)

3.用途および効果

用途 効果 ポイント
ハイテン鋼プレス型 型寿命向上 「高硬度」による型カジリの軽減
大型のプレス型 型製作リードタイム短縮 「等方性」による熱処理歪みの軽減
切り刃、抜きパンチ 型寿命向上 「高靭性」による割れ、欠けの軽減

4.売上目標

2009年度  10億円 (製品形状:平角・丸棒)

5.製品名

DCMXDaido's Cold work die Steel Matrix type

(大同マトリックスタイプ冷間ダイス鋼)

呼び名 :ディーシーマトリックス

以 上

参考資料

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する