文字のサイズ

大同特殊鋼グループ 個人情報保護方針

大同特殊鋼株式会社ならびにその子会社および関連会社(以下総称して「大同グループ」といいます。)は、個人情報保護の重要性を十分に認識し、お客様、お取引先およびその他関係先等(以下「お客様等」といいます。)から取得したすべての個人情報を、次の方針のもと適切に取り扱います。

  1. 法令の遵守
    1. 個人情報の取扱いにあたり、「個人情報の保護に関する法律」および関連する政省令、ガイドライン等を遵守します。
    2. 個人情報の取扱いに関する社内規程を整備し、これを遵守するとともに、適時適切にその見直しを行います。
  2. 利用目的

    個人情報の利用目的を可能な限り特定して公表または本人に通知し、かかる利用目的の範囲内でのみ当該個人情報を取り扱います。

  3. 取得

    個人情報の取得は、適法かつ公正な手段を用いて、利用目的の達成に必要な範囲内に限り行います。

  4. 適正管理
    1. 個人データの漏えい、滅失または毀損等を防止するために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
    2. 保有する個人データを正確かつ最新の内容に保つとともに、利用の必要がなくなった個人データを遅滞なく消去するよう努めます。
  5. 第三者提供の制限

    事前に本人の同意を得ている場合または法令等に定められた場合を除き、保有する個人データを第三者に提供しません。ただし、利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いを委託する場合、他社と合併等する場合、および特定の者との間で個人データを共同利用する場合には、本人の同意を得ることなく個人データを第三者に提供することがあります。

  6. 開示等の請求への対応

    個人データの開示、訂正・追加、利用停止、消去、第三者への提供の停止等の請求をお客様等から受けた場合には、遅滞なく対応いたします。

  7. 教育

    個人情報保護に関する取り組みを徹底・強化するため、役員、従業員等に対する教育と啓発を継続的に実施します。

  8. 改定
    1. 大同グループは、本個人情報保護方針を改定する権利を留保し、これを予告なく改定することがあります。
    2. 個人情報の利用目的を変更した場合、すみやかに変更後の利用目的をお客様等に通知または公表します。
    3. 共同利用にかかる個人データの利用目的または個人データの管理について責任を有する者を変更する場合、事前にお客様等に通知または公表します。
  9. 問い合わせ窓口

    大同特殊鋼株式会社が保有する個人情報に関する問い合わせおよび請求は、以下の窓口で受け付けます。

    大同特殊鋼株式会社 総務部
    〒461-8581名古屋市東区東桜一丁目1番10号(アーバンネット名古屋ビル)
    電話番号:052-963-7501
    (受付時間:平日9時~17時)

以上

個人情報の利用目的について

本人に対して個別に個人情報の利用目的を明示・通知していない場合、株主様を除くお客様等の個人情報は、以下の目的のために利用されます。ただし、個人情報取得時の状況に照らしてその利用目的が明らかである場合を除きます。

  • お客様等との連絡のため
  • お客様等からの問い合わせ、請求等への対応のため
  • 製品やサービス、イベント等に関する案内および広報活動のため
  • お客様等との契約、取引等の履行に関する業務およびこれらに関連・付随する業務の遂行のため
  • 研究開発活動およびこれに関連・付随する業務の遂行のため
  • 官公庁、公的機関に対する各種申請、報告等のため
  • 社内外における各種団体活動およびこれらに関連・付随する業務の遂行のため
  • 大同グループ各社、協力会社等との連絡および業務遂行上必要な情報の授受のため
  • その他当社の事業活動および上記の利用目的に付帯・関連する業務の遂行のため

株主様に関する個人情報の取扱いについては、株主・投資家情報の個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

以上

個人データの共同利用について

大同グループは、大同グループ各社が取得したお客様等に関する個人データを、以下のとおり共同利用する場合があります。

  1. 共同利用する個人データの項目

    氏名、年齢、性別、生年月日、所属企業・団体、所属部署、肩書・役職、資格、来歴、連絡先

  2. 共同利用する者の範囲

    大同グループ各社

  3. 共同利用の利用目的
    • 大同グループの提供する各種製品やサービス、イベント等に関する案内および連絡のため
    • お客様等からの問い合わせ、請求等への対応のため
    • その他大同グループとしての業務の適切かつ円滑な遂行のため
  4. 共同利用する個人データの管理責任者

    当該個人データを取得し、共同利用に供した大同グループ各社

以上