文字のサイズ

熱処理が容易な高品質熱間ダイス鋼 DHA-WORLD「素形材産業技術賞」を受賞

ダイカスト金型

大同特殊鋼株式会社(社長:嶋尾 正)の熱間ダイス鋼 DHA-WORLD が、11月1日に一般財団法人素形材センターの平成25年度 第29回素形材産業技術賞において「一般財団法人素形材センター会長賞」を受賞しました。

素形材産業技術賞は、素形材の品質や性能の向上、素形材生産の効率化、資源およびエネルギー使用の効率化など、素形材産業技術水準の発展に著しく貢献した技術を表彰するものです。

DHA-WORLDは熱伝導率と焼入れ性が共に高い、従来にない熱間ダイス鋼で、ダイカスト金型の作りやすさと寿命延長を同時に実現します。

高熱伝導率のDHA-WORLDは熱引きがよいため、金型の熱疲労が軽減されます。また、焼入れ性が高いため、熱処理の設備能力や操業技術、金型サイズによらず高靭性となります。これらの特長をもつDHA-WORLDは、疲労軽減によるヒートチェック(金型表面のひび割れ)の抑制と高靭性による大割れ回避で金型寿命の延長を実現します。

また、ダイカスト金型に広く使用されるSKD61(JIS鋼)のダブルメルト材と比較してバナジウム使用量を半減、シングルメルト化によりエネルギーコストを約4割削減と、省資源、省エネを達成した製品です。なお、DHA-WORLDは2011年に北米ダイカスト協会(NADCA)の規格書に登録されました。

今回、これらの実績が評価されてDHA-WORLDは素形材産業術賞を受賞しました。

以 上

DHA-WORLD関連資料

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する