PCサイト表示で見る

閉じる

2014年 2月13日

大同特殊鋼株式会社

ステンレス鋼の販売価格改定について

大同特殊鋼株式会社(社長:嶋尾 正)は、ステンレス鋼(棒鋼・線材・形鋼)について、2014年4月納入分から約10%のベース価格改定(値上げ)を実施します。

LMEニッケル価格は大きな変動がないものの、2013年来の円安を受けて電力等のエネルギーコストや諸資材のコストは高騰しています。さらに、4月以降に電気料金の値上げも予定されています。

当社では設備合理化、生産性向上などコスト改善に努めてきましたが、もはや企業努力で吸収できる範囲を大幅に超えているため、今回の価格改定に踏み切らざるを得ないと判断しました。

ステンレス鋼(棒鋼・線材)の足元の需要環境は、自動車関連向け需要が長期にわたり堅調を維持しています。また、IT・弱電関連の前期の在庫調整の解消に加え、産業機械向けが2013年秋から回復基調にあり、市中では一部サイズで品薄感が出てきています。この状況を受け、当社のステンレス鋼の生産水準は足元でほぼフル能力に近づきつつあります。なお、来期以降についても、半導体設備投資の増加、補正予算の上積みによる公共事業向けの需要増等により、産業機械向けの需要回復は継続するとみています。

以 上

用語説明

LME London Metal Exchangeの略で、「ロンドン金属取引所」と呼ばれる世界最大の非鉄金属専門の取引所。LMEで決められた取引価格は国際的指標として用いられる。

お問い合わせ

大同特殊鋼株式会社
ステンレス・高合金東京営業室 安部

TEL 03-5495-1265

ページトップボタン

ピックアップ

会社概要

会社概要

大同特殊鋼の会社概要をご覧いただけます。

プレスリリース

プレスリリース

大同特殊鋼のプレスリリース一覧をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る