文字のサイズ

当社「中津川先進磁性材料開発センター」が開所
~磁石の研究開発体制を強化~

大同特殊鋼株式会社(本社:名古屋市東区、社長:石黒 武、以下「当社」)は、2020年1月に中津川市の所有地を譲り受け、磁石の研究開発ならびに次世代モータの研究に取り組む拠点としての整備を進めてまいりましたが、このほど「中津川先進磁性材料開発センター」(センター長:松村 康志)として開所し、5月25日に関係者出席のもと修祓式を行うとともに運用を開始しました。

当社グループは2020中期経営計画で「構造材料から機能材料へ」とポートフォリオ改革を進めております。その柱の一つとして磁石事業の成長に向けた対応を行うべく、研究開発を技術開発研究所(名古屋市南区)が、製造・販売を当社の子会社である株式会社ダイドー電子(本社:岐阜県中津川市、社長:天野 肇、以下「ダイドー電子」)がそれぞれ担っております。

今回ダイドー電子が立地する中津川地区に本センターを設立し、磁石の研究と製造、さらにモータの設計・評価を同地区に集約することで、次世代モータ技術とそれを支える高機能磁石に関する産学連携の研究開発を推進し、体制強化を図ります。
産学連携として名古屋工業大学(名古屋市昭和区)元学長の松井信行名誉教授を技術顧問に迎え、モータ研究開発のご指導をいただく他、本研究開発に係る技術者の人材育成にお力添えいただく予定です。また、大同大学(名古屋市南区)とも、本件を機にさらに連携を強化します。

本センターの産学連携拠点化により、中部地区の自動車産業、ロボット産業および素材産業の発展に寄与するとともに、次世代モータと磁石などの基礎材料の双方に精通する先端技術者を育成する拠点になることに加え、高校等における技能実習による技能向上と地元定着支援を図り、若者に魅力あるまちづくりに貢献します。

中津川先進磁性材料開発センターの概要

名称 大同特殊鋼株式会社 技術開発研究所
中津川先進磁性材料開発センター
所在地 岐阜県中津川市千旦林字坂本1417-26(総面積約24千㎡)
総投資額 約15億円(土地建物購入費、研究開発設備への投資の合計)
人員 24名(開所時点)
研究内容 磁石の研究開発及びモータを始めとする磁性材料応用製品の研究開発

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する