文字のサイズ

SDGsに貢献するバナジウムフリーチタン合金を世界最大規模の米ASTM規格に登録

大同特殊鋼株式会社(社長:石黒武)は、このたび、バナジウム*1フリーの高強度チタン合金DAT57Mを世界最大規模の標準化団体である米国試験材料協会ASTM Internationalの規格ASTMB348/B348M(チタン・チタン合金の棒およびビレットの規格)にGrade41として登録しました。DAT57Mの実用化、量産化実績が評価され、今回の登録に至りました。なお、当社製チタン合金のASTM規格登録は初めてのことです。
DAT57M(Ti-6Al-1Fe:アルミニウムを6%、鉄を1%含むチタン合金)は、広く用いられている64チタン合金(Ti6Al-4V:アルミニウムを6%、バナジウムを4%含むチタン合金)と同等の機械的性質を有し、かつ低比重で、さらにレアメタル(希少金属)のバナジウムを用いないことから64チタン合金に代わり、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献するチタン合金として今後期待されます。当社は今回の米ASTM規格登録を機に、様々な用途にDAT57Mを適用できる環境を整備していきます。

1.背景

当社は長年にわたり、棒鋼・線材形状のチタン・チタン合金製品を供給し、各種チタン・チタン合金の開発を精力的に進めてきました。DAT57Mは、低比重かつ64チタン合金と同等の機械的性質を有する高強度α+β型*2チタン合金として2005年に開発され、ゴルフクラブ用途等に用いられてきました。

2.Grade41の特長

・バナジウムフリー
 レアメタルのバナジウムを含まず、地殻中に多く存在するチタン、アルミニウム、鉄から構成
・低比重
 比重が4.39と64チタン合金の4.43より小さく、軽量化が可能
・機械的性質
 引っ張り強さ、疲労強度は64チタン合金と同等
・製造性
 熱間成形性、機械加工性は64チタン合金と同等

3.Grade41の適用分野

自動車部品、ファスナー材、プラント部材、スポーツレジャー等の各種民生分野等

4.SDGsへの貢献

12-2.

2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
バナジウムを添加しないレアメタルフリーのチタン合金。スクラップ活用も可能なため、枯渇元素に配慮した製品。

9-4.

2030年までに資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取り組みを行う。
レアメタルフリー化やスクラップ活用による資源への配慮、高強度・低比重合金の提供を通じ、Grade41を使用した製品の環境配慮、高性能化など技術革新の波及効果が期待されます。

DATは、大同特殊鋼株式会社の登録商標です。

用語説明
*1 バナジウム
レアメタルの一種。添加することにより、高温での硬さ、強さが増す。特に摩耗に強くなる。

*2 α+β型

チタン合金は構成される相(組織)で分類され、αは六方晶(六角柱の結晶構造)、βは立方晶(サイコロ状の結晶構造)でその両者が適度に混在するチタン合金をα+β型チタン合金と称し、耐熱性と適度な熱間成形性を有するのが特徴。

以 上

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する