文字のサイズ

工具鋼製品の販売価格改定について

大同特殊鋼株式会社は、工具鋼製品について、すべてのお客様向けを対象にベース値上げを実施いたします。
原油およびLNG価格の高騰を背景に、電気炉による工具鋼の生産に不可欠な電力などのエネルギーコストが上昇しており、4月から始まる来年度以降もさらなる上昇が見込まれます。
また、エネルギーおよび各種原材料の高騰に伴い、諸資材のコストも一段と上昇しております。
さらに、工具鋼製品に含有される合金元素の価格も大幅な上昇を続けており、サーチャージ制適用外のニッケルやクロムなどの合金元素価格も同様に高騰している状況です。
そこで当社としましては、需要家各社様へ継続的な安定供給を行うためにも、再生産可能な価格水準への是正が必要と判断し、すべてのお客様を対象に鋼種ごとにトン当たり 5~20%のベース値上げを実施させていただきます。
なお、今後も鉄スクラップや合金鉄などの原料市況、エネルギーや諸資材価格の変動、また為替の影響についても注視し、それらの状況によりましては、更なる価格の見直しをせざるを得ないと考えております。

値上げ対象(輸出品を含む) 工具鋼製品
値上げ内容 5~20%/トン
値上げ時期 2022年3月契約分から

以上

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する