文字のサイズ

星崎工場 ホタル観賞会を3年ぶりに開催しました

大同特殊鋼(株)星崎工場(名古屋市南区)は5月20日から29日にかけてホタル観賞会を開催しました。2020年以降、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を見送ってきた同観賞会を今年は3年ぶりに開催。期間中、同工場の近隣にお住まいの方、従業員およびその家族を中心に約750人が訪れ、明るく輝くホタルの光を楽しみました。構内に設けた”ほたる園”では、最も多い日には約350匹のホタルの飛遊を確認しました。

星崎工場は「ホタルの飛ぶ鉄鋼会社」をスローガンに掲げ、2003年に構内でホタルの育成場の整備に着手し、2005年にはホタルの飛遊を初めて確認しました。2006年からは地域貢献活動の一環として近隣住民の方を対象にホタル観賞会を開始し、都会では見かけることがめっきり減ったホタルの光を楽しんでいただく場を提供しています。

また、近隣の宝小学校(名古屋市南区)にホタル約100匹を提供し、学校教育の場においてホタルの生態を観察していただく活動にも取り組んでいます。

ほたる園で光を放つヘイケボタル

ホタルの入った水槽を覗き込む宝小学校の児童

以上

大同特殊鋼公式YouTube

工場でホタルの光舞う 大同特殊鋼

星崎工場「ほたる園」のホタルが光る様子を公開しています。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する