工具鋼・金型材料
工具鋼・金型材料
工具鋼・金型材料とは

金属、非金属材料の切削、塑性加工等を行なう工具ならびに治具に用いられる素材で、強度と耐衝撃性、耐摩耗性に優れている鋼です。

文字のサイズ
DCMX DCMX

DCMX

「DCMX(ディーシーマトリックス)」は、2008年10月に販売を開始した国内初のマトリックス冷間ダイス鋼です。粗大な炭化物を極限まで低減することにより、優れた等方性を実現させました。熱処理時の寸法調整が容易なため、冷間プレス・冷間鍛造用金型の製作リードタイム短縮に貢献します。また、高靭性なため金型寿命向上が期待できます。さらに、高硬度で被削性にも優れ、金型のつくりやすさと高性能を兼ね備えています。

背景

冷間プレス・冷間鍛造用金型は、短納期化、低コスト化の要求が高まる一方、金型にかかる負荷が増大しており、金型製造性と金型性能を両立する素材が望まれています。当社では、2004年秋に発売した「マトリックスハイス・DRM(ドリーム)シリーズ」で培った炭化物制御技術を最大限に活用し、マトリックスタイプの金属組織をもつ新しい冷間ダイス鋼「DCMX」を開発しました。

マトリックスタイプの金属組織とは

工具鋼金属組織から「粗大な一次炭化物」を除いた組織を「マトリックス(基地)」と呼びます。「粗大な一次炭化物」は、切削工具においては摩耗を防ぐ有用な組織ですが、金型においては割れの起点になりやすく、減らす方が望ましいとされています。

DCMX対比図

鋼種名

DCMX

特長

金型のつくりやすさと寿命向上に貢献する「マトリックス冷間ダイス鋼」です。

特徴1 高硬度 特徴2 高靭性 特徴3 等方性 特徴3 被削性

高硬度(耐摩耗性)

約500℃以上の高温焼戻し処理において、最高硬さ62HRCが得られます。表面処理にも対応可能です。

焼入焼戻し硬さ

焼入焼戻し硬さのグラフ画像

寸法 :15×15×15 mm
焼入れ:1030℃×1h - 空冷

高靭性(耐割れ・耐チッピング性)

マトリックス化による衝撃値の向上は、金型使用初期の割れやチッピングの発生を抑制します。

靭 性

靭性のグラフ画像

試験片:10Rノッチ、L方向
焼入れ:1030℃×1h - 空冷、高温焼戻し

優れた等方性(寸法修正工数の削減)

熱処理後の寸法変化が等方的で、最高硬さとなる約500℃の焼戻し処理において変化量が最小となります。そのため、自動車部材を成形する大形冷間プレス金型において、ブロックを組み合わせる際の寸法修正の加工時間削減、修正工程の省略が期待できます。

熱処理変寸

靭性のグラフ画像

優れた被削性(型製作リードタイムの短縮)

マトリックス化および快削性介在物(MnS)により被削性が優れるため、金型のつくりやすさに貢献します。

被削性(焼きなまし材)

エンドミル

VP15TF (三菱マテリアル) φ32,
1枚刃, ダウンカット 
切り込み 幅1×高さ4 mm 
速度150m/min 
送り0.15mm/rev 
エアブロー

靭性のグラフ画像
ドリル

SKH51 (NACHI) φ5, コーティングなし 穴深さ 20mm (非貫通)
送り0.15mm/rev 乾式

靭性のグラフ画像

カタログ

関連資料

お問い合わせ

工具鋼営業部
電話番号をタップすると
お電話をかけられます
東京営業室
03-5495-1268
名古屋営業室
052-308-5474
大阪営業室
06-6229-6536
福岡営業所
092-771-4481
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)
受付時間:9:00〜17:00(土日祝、年末年始除く)

ご注意とお願い

本ウェブサイトに記載されているデータは当社試験による代表的な値であり、製品を使用された場合に得られる特性を保証するものではありません。また、本ウェブサイト記載の情報は今後、予告なしに変更される場合がありますので、最新の情報については、各担当部署にお問い合わせ下さい。なお、本ウェブサイトに記載された内容の無断転載や複製はご遠慮願います。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する