工具鋼・金型材料
工具鋼・金型材料
工具鋼・金型材料とは

金属、非金属材料の切削、塑性加工等を行なう工具ならびに治具に用いられる素材で、強度と耐衝撃性、耐摩耗性に優れている鋼です。

文字のサイズ
DHW ダイカスト金型補修用、TIG溶接用溶接棒

ダイカスト金型の損傷部の補修や形状修正用の肉盛用ティグ溶接棒です。溶接した状態でダイカスト金型とほぼ同等の硬さが得られるようにしたことで、後熱なしの場合に、従来のマルエージング鋼よりもヒートチェックの発生や進行を遅らせて、補修部の金型寿命を延長できます。

特長

溶接ままの硬さ ダイカスト金型と、ほぼ同等の 43~48HRC
溶接部の耐ヒートチェック性 溶接ままでマルエージング鋼対比同サイクル数でヒートチェック低減
(当社調べ)
コバルトフリー 特定化学物質障害予防規則等に該当する元素を含みません
(マルエージング鋼は同規則の該当元素を含有)
補修部の再窒化処理可能 ダイカスト金型用の窒化条件で窒化が可能です

溶接部の損傷例

MAS1C(溶接まま)対比ヒートチェック低減

比較例

溶接部の硬さ例

サンプル:SKD61ブロック上に1㎜肉盛り

溶接部の硬さ例 サンプル
溶接部の硬さ例

熱伝導率例

SKD61 ブロック上に溶接
レーザーフラッシュ法

熱伝導率例

窒化特性例

SKD61 ブロック上に溶接
ガス窒化:510℃×4H

窒化特性例

溶接条件

棒径(mm) 1.6 2.4
溶接条件 溶接電流(A) 70~150
(実例:100)
100~250
(実例:120)
アルゴン流量(l/min) 6~9 7~10

金型を予め約300℃に予熱することを推奨します。溶接による熱応力を除去する場合、450~550℃の後熱を推奨します。

TIG用溶接棒の寸法(㎜)

棒径 1.0 1.2 1.6 2.0 2.4 3.2 4.0
棒長 約1000

金型を予め約300℃に予熱することを推奨します。溶接による熱応力を除去する場合、450~550℃の後熱を推奨します。

注意とお願い

本資料に記載されているデータは当社試験による代表的な値であり、製品を使用された場合に得られる特性を保証するものではありません。また、本資料記載の情報は今後、予告なしに変更される場合がありますので、最新の情報については、各担当部署にお問い合わせください。
なお、本資料に記載された内容の無断転載や複製はご遠慮願います。

関連資料ダウンロード

出典:梅森直樹・増田哲也・堀尾浩次(2015)「耐ヒートチェック性に優れるダイカスト金型用肉盛溶接棒DHW®の開発」,『まてりあ(Materials Japan)』(第54巻第2号,2015年2月),p72-74

DHWに関するお問い合わせ

工具鋼営業部
電話番号をタップすると
お電話をかけられます
東京営業室
03-5495-1268
名古屋営業室
052-308-5474
大阪営業室
06-6229-6536
福岡営業室
092-771-4481
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)
受付時間:9:00〜17:00(土日祝、年末年始除く)