PCサイト表示で見る

閉じる

沿革

1916年~

1916年 名古屋電燈(株)から製鋼部門を分離し(株)電気製鋼所を設立。下出民義が社長に就任、合金鉄および工具鋼の生産を開始
創業者 福沢桃介
創業者 福沢桃介
1917年 名古屋電燈(株)に製鉄部を設置、電気製鉄の試作に着手
福沢桃介が(株)電気製鋼所社長に就任
1918年 名古屋電燈(株)から電力開発事業および製鉄部を分離、 木曽電気製鉄(株)を設立、電気銑の第一回出銑に成功
1919年 木曽福島工場操業開始
木曽電気製鉄(株)の商号を木曽電気興業(株)に変更
普通鋳鋼製軌道轍叉を名古屋市柳橋交叉点に初めて敷設
1921年 木曽電気興業(株)は日本水力(株)とともに大阪送電(株)に合併。商号を大同電力(株)に変更、製鉄工場を名古屋製鉄所と改称
大同電力(株)から名古屋製鉄所を分離し、大同製鋼(株)を設立
1922年 大同製鋼(株)は(株)電気製鋼所から熱田・福島両工場の現物出資を受け、商号を(株)大同電気製鋼所に変更
(株)電気製鋼所の商号を木曽電力(株)に変更
星崎工場
星崎工場
1925年 我が国最初のマンガン製特殊軌条の製作に成功
1934年 帝国発条(株)を合併
1937年 星崎工場新設
1938年 (株)大同電気製鋼所の商号を大同製鋼(株)に変更
1941年 富永鋼業(株)を合併、大型鋳鋼品・鋼材・線材・普通鋼の生産が加わる

1950年~

1950年 企業再建整備法により大同製鋼(株)を解散、新大同製鋼(株)として再発足
1953年 新大同製鋼(株)の商号を大同製鋼(株)に変更
高蔵工場新設
1955年 新理研工業(株)を合併
1957年 (株)東京製鋼所を合併
1958年 東京タワーのテレビジョンアンテナ部に当社製高張力鋼使用
1959年 伊勢湾台風により星崎・築地工場水没
知多工場竣工披露式
知多工場 竣工披露式
1963年 志村化工(株)特殊鋼部門の人員・商権を継承
本店事務所を興銀ビルに移転
知多工場第二期工事完成
1964年 関東製鋼(株)を合併
1965年 ニューヨーク事務所開設
1969年 型鍛造部門を知多工場に集約
1973年 ハンドボール部四冠(全日本実業団、国体、全日本総合、NHK杯)達成、その後3年連続四冠
1976年 大同製鋼(株)、日本特殊鋼(株)、特殊製鋼(株)が合併、商号を大同特殊鋼(株)に変更

このページの先頭へ戻る

1980年~

1980年 星崎・知多工場で連続鋳造機稼動開始
1981年 知多帯鋼工場新設
1985年 売上高3,000億円達成
1987年 決算期を6月30日から3月31日に変更
1988年 登記上の本店住所を、名古屋市南区星崎町字繰出66から名古屋市中区錦一丁目11-18に変更
米国金属協会が「社宝 エルー式1.5トンアーク炉」を歴史的遺産に認証
1990年 中津川テクノセンター新設
連続鋳造機(知多工場)
連続鋳造機(知多工場)
1991年 創業75周年にあたり、経営理念を発表
1992年 知多工場 最新鋭連続鋳造機稼動開始
1995年 星崎工場 製鋼部門を休止
香港事務所開設
1997年 バンコク事務所開設

このページの先頭へ戻る

2000年~

2000年 磁材事業を(株)ダイドー電子に完全移管
2001年 連結中期経営計画をはじめて発表
星崎工場に熱間帯鋼圧延機を導入、高級帯鋼名古屋地区一貫生産開始
2002年 総合鋳鋼メーカー(株)大同キャスティングス設立
2003年 知多型鍛造工場に大型熱間高速精密鍛造機「AMP70XL」を導入
東京本社を西新橋から品川へ移転
2004年 知多工場 大断面鋳造機(PHキャスター)稼動開始
2005年 広州事務所開設
本社を伏見から久屋大通へ移転
150トンアーク炉
150トンアーク炉
2006年 知多工場 累計製鋼量5,000万トン達成
2007年 ハンドボール部三冠達成
(全日本実業団・全日本総合・日本リーグ)
2008年 渋川工場 7,000トンプレス稼動開始
2009年 集光型太陽光発電 実証テスト開始
2013年 知多工場 製鋼革新合理化 150トンアーク炉導入
2016年 創業100周年

ページトップボタン

ピックアップ

会社概要

会社概要

大同特殊鋼の会社概要をご覧いただけます。

役員一覧

役員一覧

大同特殊鋼の役員一覧をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る