機能する軟磁性材料

軟磁性材料の主な用途(周波数と材料の厚さ)

高周波化のニーズが加速し、部品の小型化が進む中、たとえば、「より細く(極細線)」、「より薄く(箔帯)」、「より細かく(微粉)」といった軟磁性材料に求められる形状変更への対応力が大同特殊鋼にはあります。

燃料噴射用電磁弁(インジェクタ)における軟磁性材料の働き

高い応答性が求められる燃料噴射用電磁弁(インジェクタ)でも機能する軟磁性材料が貢献しています。インジェクタ内部ではスプリングにより下向きに力がかかっていますが、コイルに電流を流すことにより発生した電磁力によりコアが上昇します。その際、インジェクタの先端との間に生じる隙間を通じて高い圧力のかかった霧状の燃料が勢いよく噴射されます。

磁性材料とは
磁気特性とは

軟磁性材料に関するお問い合わせ

TEL:052-611-9646

PAGE TOP