PCサイト表示で見る

閉じる

ステンレス鋼とは

表面に不動態被膜という、非常に薄い保護被膜を形成する働きを持つため、錆びに強く、いつまでも美しい 状態を維持する鋼で、主に鉄(Fe)に11%以上のクロム(Cr)を含有する合金鋼です。
ステンレス鋼の耐食性は、Crの含有率が高くなるに従い、不動態被膜が強固になり耐食性が良くなります。

ステンレス鋼の分類

ステンレス鋼の分類 マルテンサイト系ステンレス鋼 フェライト系ステンレス鋼 オーステナイト系ステンレス鋼 析出硬化系ステンレス鋼 オーステナイト・フェライト系(二相系)ステンレス鋼

用途

耐食性をはじめ、機械的性質、加工性、耐熱性など優れた特性を持つため、食器、厨房用品、建築材料、機械構造部品、医療機械器具、化学工業設備部品、航空機部品など非常に広範囲な分野で使用されています。

使用時の注意

あらゆるステンレス鋼がいかなる腐食環境においても常に優れた耐食性をもっているわけではなく、また同一種類のステンレス鋼でも熱処理履歴および冷間加工の程度、表面状態などによって特性がはなはだしく異なる場合があります。
また、加工にあたっても一般の鋼と比較して著しく困難を伴う場合があります。
ステンレス鋼の使用においては、使用環境と加工方法に応じて鋼種および熱処理条件を選定する必要があり、加工もその鋼種に適した方法を選択しなければなりません。ステンレス鋼を上手に使いこなすために第一に心がける事は「適材を適所に使う」です。

ピックアップ

鋼種特性の位置付け図から探す

鋼種特性の位置付け図から探す

ステンレス鋼の鋼種特性の位置付け図から探すをご覧いただけます。

ステンレス鋼

ステンレス鋼

大同特殊鋼のステンレス鋼をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る