文字のサイズ

当社では従業員の健康・衛生に関し、専門の医療機関や健康保険組合と協力して継続的な活動を実施しております。2016年には健康経営の推進を明確にするため「健康経営宣言」を行いました。また、2020中期経営計画に「健康経営体制の推進」を盛り込み、今後はさらに踏み込んだ取り組みを進めていきます。

大同特殊鋼 健康経営宣言

「安全と健康は幸せの原点」
であり、
「人財は会社の宝」
という認識の下、
「社員が生き生きと働く
大同特殊鋼」
を築き上げます。

代表取締役社長執行役員  石黒 武

<健康経営方針>

  • 一人ひとりの健康意識向上の支援
  • 生活習慣の基盤づくりのため、規則正しい運動・食事・睡眠を習慣化する啓発を推進しています。

  • 疾病の「早期発見・早期治療」の促進
  • 定期健康診断後の全員面談を通して、検査結果に応じたフォローを実施し、精密検査者には受診勧奨を積極的に行っています。

  • メンタルヘルスの予防
  • ストレスチェックによる職場環境整備を進めていきます。
    セルフケア・ラインケア研修を階層化別に実施しています。
    産業保健スタッフのフォローを継続的に実施し、外部機関とも連携をしています。

「健康経営優良法人 2020(通称ホワイト 500)」に認定

当社は従来からの健康経営への取り組みが評価され、経済産業省および日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2020(通称ホワイト500)」に認定されました。2018年から3年連続の認定です。
健康経営優良法人認定制度は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融企業などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。

ホワイト500ロゴ

健康経営体制

当社は「健康経営者」である社長の指揮の下、健康管理の専門部署であるヘルス改革室が健康づくりの方針を立案し、経営会議で最終決定します。決定した方針に沿い、各事業場の健康推進管理部門と産業保健スタッフが主体となって、それぞれの事業場の特色にあった取り組みを推進しています。
また、社員とその家族に向けた健康づくり推進のために、年に4回、ヘルス改革室と労働組合、健康保険組合が意見交換をしています。

健康経営体制の図

健康社長表彰制度

2017年から「受動喫煙防止」の評価項目で事業場単位に健康社長表彰を実施してきました。2019年からは「一人ひとりの生活習慣の基盤づくり」を目的とし、健康社長表彰基準に、「運動」「食事」の項目を追加し、総合的に健康増進活動を評価していきます。

健康経営の4つの柱

  • フィジカル(健康なからだづくり)

    生活習慣の基盤をつくるために、適切な運動・食事習慣の定着をめざします。

    • 体力機能測定実施、低体力者のサポート
    • 職場ストレッチ・体操の推進
    • ヘルシーメニュー喫食率向上の取り組み
    • 朝食を食べる習慣の定着化(啓発)
    2018年度体力機能測定結果
  • 疾病予防(定期健康診断で疾病予防)

    重篤な病気にならないために、早期発見・早期治療を促す活動を推進していきます。

    • 精密検査受診勧奨
      (3ヵ月以内受診の徹底)
    • がん検診受診率向上の取り組み
      (補助金制度導入と啓発)
    • 全社員を対象とした特定保健指導強化
    精密検査受診率推移
  • メンタル(職場のコミュニケーション向上)

    こころの健康を保つために、社員と家族に寄り沿った活動を進めていきます。

    • 階層化教育
    • 保健師出前教室
    • 相談窓口の周知
      (保健師紹介カード、リーフレット配布)
    • 復職支援体制
    メンタル(職場のコミュニケーション向上)
  • 受動喫煙防止対策(クリーンな職場環境づくり)

    健康に多大な影響を与えるたばこの害を減らすため、分煙・卒煙を推進していきます。

    • 建屋内喫煙所のゼロ化促進
    • 卒煙推進(スワンスワンデー・禁煙タイムの定着・拡大)
    • 保健師卒煙相談
    建屋内喫煙所(滝春テクノセンター改修前)
    建屋内喫煙所(滝春テクノセンター改修前)
    リフレッシュルームに改修
    リフレッシュルームに改修