文字のサイズ
代表取締役社長 石黒武

2021年3月期 第1四半期の経営成績

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの感染拡大により、極めて厳しい状況で推移しました。緊急事態宣言の解除後は、段階的に経済活動を再開していくなかで、各種政策の効果もあって、景気の持ち直しが期待されますが、新型コロナウイルスの第2波到来、金融資本市場の変動等、引き続き先行きは不透明な状況となっております。

このような経済環境の中、特殊鋼の主要需要先である自動車関連の受注は、世界各地での経済活動停止による急激な販売減少とそれに伴う日系自動車メーカーの車両生産減少を受け、前年同期比で減少しました。産業機械の受注も経済活動の停滞で減少しましたが、半導体関連の受注は設備投資の回復により増加しました。この結果、鋼材売上数量は前年同期比で減少しました。一方、原材料・資材関係については、鉄屑価格は国内需給の緩和により前年同期よりも安値で推移し、また製鋼工程で使用する黒鉛電極等の副資材価格も下向きました。

この結果、当第1四半期連結累計期間の連結経営成績は、売上高は前年同期比389億31百万円減収の887億89百万円、経常損益は前年同期比81億95百万円減益の16億67百万円の損失、親会社株主に帰属する四半期純損益は前年同期比110億42百万円減益の15億53百万円の損失となりました。