PCサイト表示で見る

閉じる

形状記憶合金

高強度・耐食性に優れるKIOKALLOY

形状記憶合金 KIOKALLOYは強度・耐食性をはじめとして多くの面で優れたNi-Ti(ニッケル・チタン)合金です。またKIOKALLOYは、当社が独自に開発した特殊溶解炉や真空アーク炉を用いた工程による素材の高純度化に加え、豊富な特殊鋼の経験を生かし、優れた数々の特長を有しています。

特長

  • 広範な回復温度(10℃~100℃)
  • すべての溶液に対し、チタンやチタン合金に肩を並べるほどの耐食性があります。
  • 引張り強さは、約150kgf/mm2となります。
  • 大きな歪みが回復する超弾性効果 (形状回復温度以上の温度領域では、最大約8%の歪みが回復します)

用途

記憶効果
超弾性効果
パイプ継手(放射性廃棄物輪送パイプ)
整体用芯材
(ブラジャー、コルセット、ベビー用スタイ、帽子枠)
歯根(骨内に挿入して固定)
メガネフレーム
電気コネクター(接点不良時の昇温を利用)
歯列矯正用(補綴用、アーチワイヤー)
窓の自動開閉装置
X線造影剤注入用カテーテルリード線(血管内を自在に追従)
エアコンセンサーフラップ
整形用リハビリ器具
スプリングセラー
凍結防止弁(気温の低下で蛇口が開く)  
ファンクラッチ(低温時の作動停止)  
温度警報器(バイメタルの代替)  
医療用インプラント(血管の押し広げ)  

化学成分と形状回復温度

項目
Ni
Ti
Co
Cu
形状回復温度
Ni-Ti 合金 (KIOKALLOY-R)
54~56
残 Bal.
-
-
20~100℃
Ni-Ti-Co 合金 (KIOKALLOY-S)
53~55
残 Bal.
1~3
-
-30~30℃
Ni-Ti-Cu 合金 (KIOKALLOY-T)
47~50
残 Bal.
-
5~9
40~70℃
  • 形状回復温度は加工条件、熱処理条件により変わります。

機械的性質

項目
Ni-Ti 合金
Ni-Ti-Co 合金
Ni-Ti-Cu 合金
マルテンサイト相
(M相)
引張強さ MPa
(kgf/mm2)
1175~1370
(120~140)
1370~1570
(140~160)
1175~1765
(120~180)
降伏強さ MPa
(kgf/mm2)
~196
(~20)
~294
(~30)
68~98
(7~10)
伸び %
~50
~50
~20
横弾性係数MPa
(kgf/mm2)
7845~9800
(800~1000)
9800~13730
(1000~1400)
0~4900
(0~500)
オーステナイト相
(A相)
引張強さ MPa
(kgf/mm2)
1075~1175
(110~120)
1275~1370
(130~140)
1175~1765
(120~180)
降伏強さ MPa
(kgf/mm2)
390~785
(40~80)
490~980
(50~100)
390~785
(40~80)
伸び %
~20
~20
~20
横弾性係数MPa
(kgf/mm2)
17650~21575
(1800~2200)
25500~28440
(2600~2900)
19615~27460
(2000~2800)
  • 機械的性質は加工条件、熱処理条件により変わります。

物理的性質の比較

金属名 密度
(g/cm3)
融点
(℃)
線膨張係数
(×10-6/K)
比熱
(J/(kg・K))
熱伝導率
(W/m/℃)
比抵抗
(Ωm)
Ni-Ti
(オーステナイト相)
6.5

1250
~1280

10
440
12.1
80~100
Ni-Ti-Co
(オーステナイト相)
6.5
1250
~1280
-
470
12.7
-
Ni-Ti-Cu
(オーステナイト相)
6.4
1250
~1280
-
460
13.5
-
チタン
4.5
1668
8.4
520
17.1
55
ニッケル
8.9
1453
15
460
92.0
9.5
7.9
1530
12
460
62.8
9.7
SUS304
7.7
1400
~1420
17
500
16.3
72
8.89
1083
17
380
385.0
1.724
  • Ni-Ti合金の物理的性質は密度、融点を除き温度により変わります。

ピックアップ

チタン合金・形状記憶合金

チタン合金・形状記憶合金

チタン合金・形状記憶合金をご覧いただけます。

製品情報

製品情報

大同特殊鋼の製品情報をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る