チタン合金・形状記憶合金
チタン合金・形状記憶合金
チタン合金・形状記憶合金とは

チタン合金は航空宇宙,化学工業や医療、スポーツなどの分野に用いられている素材で、軽量・高強度で耐食性のよい合金です。形状記憶合金は医療や住宅などに用いられる素材で、温めると元に戻る、あるいは伸ばされても元に戻る性質を有する合金です。

文字のサイズ

プレス加工性を改善した高強度βチタン合金 DAT51

特長

  • 冷間加工性にきわめて優れている。
  • 冷間加工により Ti-6Al-4V 以上の強度が得られ、さらに時効処理を施すことによって強度を向上することができる。

適用部品例

  • バルブ・スプリング
  • バルブ・スプリング・リテーナ
  • サスペンション・スプリング
  • ボルト
  • ネジなど

各種チタンの冷間加工率(伸線)と引張り強さの関係

各種チタンの冷間加工率(伸線)と引張り強さの関係

チタン合金・形状記憶合金に関する お問い合わせ

チタン営業室
電話番号をタップすると
お電話をかけられます
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)