点光源LED
点光源LED
点光源LEDとは

高精度光電センサや高分解能光学エンコーダなど、ハイエンド光センサ向けLEDとして産業に貢献しています。

文字のサイズ

特長

点光源LEDの概要

大同特殊鋼では、回転角度検出や物体検出で高い精度を要求されるセンサに特化した点光源LED…Star LEDを生産しています。

高分解能なエンコーダや特殊な光電センサで幅広く使用されています。

点光源LED

点光源LEDの優位性

Star LEDは発光部が非常に小さい点光源のため、センサの精度・分解能を高めることが可能です。

エンコーダへの応用の場合

エンコーダへの応用の場合

光電センサへの応用の場合

光電センサへの応用の場合

高い信頼性技術

高い信頼性を持つStar LEDは、高い動作信頼性を要求される産業機器などへの応用に適しています。

特殊なLED構造

発光層を多層膜にすることで結晶欠陥の成長を抑制。

長期通電試験

長期通電試験で高信頼性と低不良率を確認。

多彩な機能製品ラインナップ

Star LEDでは通常品に加え、お客様の広いニーズに合わせた、多彩な機能製品もラインナップしております。

高温対策製品

高温対応品は、お客様のアプリケーションでの熱設計の自由度を向上致します。
LED製造条件管理の強化により、高温環境下での動作信頼性を向上しました。

許容順電流特性の通常品との違い

関連製品

迷光抑制品 -反射型エンコーダ向け-

迷光抑制品は、受光素子と隣接して実装される反射型エンコーダ向けとして、ノイズ源となるLED側面からの迷光を抑制した製品です。

迷光抑制品

迷光抑制品
遮光コート

通常品

通常品
配光強度分布
配光強度分布
迷光抑制品
  • 反射型では、LEDと受光素子が同一平面に実装されるため、LEDからの側面漏れ光が、受光素子へのノイズとなって
    エンコーダの性能を低下させてしまいます。

透過型エンコーダと反射型エンコーダの違い

透過型エンコーダ
  • LEDからの光は、スリットが入ったコードホイールを通過し、そのスリットパターンを受光素子で検知。
透過型エンコーダ
反射型エンコーダ
  • LEDからの光は、反射パターンが刻まれたコードホイールで反射し、その反射パターンを受光素子で検知。
  • 透過型エンコーダに比べ、小型・薄型化に有利。
反射型エンコーダ

関連製品

高出力製品 -Wafer bonding技術の採用-

光出力向上によって、センサ感度の向上、低消費電力を可能とします。

  • Wafer Bonding技術

発光層の下層に金属ミラーを貼付けることにより光の取出し効率を向上させました。従来製品比2倍の光出力を実現しています。

Wafer Bonding技術

関連製品

レンズ実装可能製品

  • φ50μm発光窓と電極パッド間に広いスペース。
  • マイクロボールレンズを直接実装することで、 光ビームの微小化や波面収差抑制可能な点光源LEDです。
Φ0.6ボールレンズ実装チップ
Φ0.6ボールレンズ実装チップ

関連製品

点光源LEDに関する お問い合わせ

光デバイス室
電話番号をタップすると
お電話をかけられます
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)