PCサイト表示で見る

閉じる

フェライト系ステンレス鋼

冷間加工に優れたフェライト系ステンレス鋼 : LAK51、LAK52

特長と用途

特長 優れた耐食性を有し、複雑形状部分の冷間加工に優れた鋼種です。
用途 小ねじ、アンカーボルト、リベット、自動車、家電用パーツ

代表成分

大同鋼種 化学成分(mass%) JIS類似鋼種
C Ni Cr Mo 特殊元素
LAK51
0.01
19.0
添加
SUS430LX
LAK52
0.01
20.0
1.0
添加

特性

LAK51

  • 冷間加工性はSUS304、SUSXM7に比べはるかに優れ、SUS430を凌ぎます。
  • 耐食性はSUS430より優れています。

LAK52

  • LAK51の高耐食タイプです。耐食性はSUS304と同等です。
  • 冷間加工性はLAK51と同等です。

技術データ

技術データ_LAK51、LAK52

  • 耐食性
塩水噴霧試験(JISZ2371)
(35℃、5%NaCl、96H)
LAK51
LAK52
SUS430
SUS304
SUSXM7
SUS303
A
A
B
A
A
B

A:発錆なし B:少し発錆 C:かなり発錆

このページの先頭へ戻る

フェライト系複合超快削用ステンレス鋼 : DSR6F

特長と用途

特長 快削成分を添加することにより、切削性を改善したステンレス鋼です。
用途 自動車、家電製品、OA機器等の精密加工部品

代表成分

大同鋼種 化学成分(mass%) JIS類似鋼種
C Si Mn S Cr Mo 特殊元素
DSR6F
0.01
0.5
1.2
>0.15
20.0
2.0
添加

特性

DSR6F

  • 被削性はSUS303対比約8倍(超硬工具寿命)と良好です。
  • 耐食性はSUS303とほぼ同等です。
  • 冷間加工性はSUS303の約2倍です。

被削性・耐食性

被削性・耐食性_dsr6f

ピックアップ

鋼種特性の位置付け図から探す

鋼種特性の位置付け図から探す

ステンレス鋼の鋼種特性の位置付け図から探すをご覧いただけます。

ステンレス鋼とは

ステンレス鋼とは

ステンレス鋼とは をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る