ステンレス鋼
ステンレス鋼
ステンレス鋼とは

厨房用品、建築材料、機械構造部品、医療機械器具、化学工業設備部品など広範囲な分野で使用されている素材で、耐食性、加工性、耐熱性など優れた特性を持つ鋼です。

文字のサイズ

析出硬化系ステンレス鋼

冷間加工に優れた析出硬化系ステンレス鋼 : SUS630-S、DSP1H

特長と用途

特長 固溶化熱処理状態における冷間加工性、被削性を大幅に向上させた鋼種です。
用途 ボルト、シャフト、高強度ピン

代表成分

大同鋼種 化学成分(mass%) JIS類似鋼種
C Ni Cr Cu 快削元素
SUS630-S ULC 4.5 16.0 3.0 添加 SUS630
DSP1H 0.02 6.5 13.0 - - -

特性

SUS630-S

  • SUS630のJIS規格範囲内で成分を適正化し、固溶化熱処理状態における冷間加工性、被削性を向上させています。
  • また圧縮特性は、SUS630より15~20%変形抵抗が低下しています。
  • 析出硬化熱処理後の硬さ、耐食性は現状のSUS630同等です。

DSP1H

  • ごく短時間の析出硬化熱処理で高硬度が得られます。
  • 耐食性はSUS420J2以上、SUS630以下です。
  • 冷間加工性は加工硬化性が少なく、コールドヘッダーも可能です。

技術データ

技術データ_SUS630-S、DSP1H

ステンレス鋼に関するお問い合わせ

ステンレス鋼営業部
電話番号をタップすると
お電話をかけられます
東京営業部
03-5495-1265
名古屋営業部
052-308-5472
大阪営業部
06-6229-6534
福岡営業所
092-771-4481
受付時間:9:00〜17:00
(土日祝、年末年始除く)
受付時間:9:00〜17:00(土日祝、年末年始除く)