PCサイト表示で見る

閉じる

析出硬化系ステンレス鋼

冷間加工に優れた析出硬化系ステンレス鋼 : SUS630-S、DSP1H

特長と用途

特長 固溶化熱処理状態における冷間加工性、被削性を大幅に向上させた鋼種です。
用途 ボルト、シャフト、高強度ピン

代表成分

大同鋼種 化学成分(mass%) JIS類似鋼種
C Ni Cr Cu 快削元素
SUS630-S
ULC
4.5
16.0
3.0
添加
SUS630
DSP1H
0.02
6.5
13.0
-
-
-

特性

SUS630-S

  • SUS630のJIS規格範囲内で成分を適正化し、固溶化熱処理状態における冷間加工性、被削性を向上させています。
  • また圧縮特性は、SUS630より15~20%変形抵抗が低下しています。
  • 析出硬化熱処理後の硬さ、耐食性は現状のSUS630同等です。

DSP1H

  • ごく短時間の析出硬化熱処理で高硬度が得られます。
  • 耐食性はSUS420J2以上、SUS630以下です。
  • 冷間加工性は加工硬化性が少なく、コールドヘッダーも可能です。

技術データ

技術データ_SUS630-S、DSP1H

ピックアップ

鋼種特性の位置付け図から探す

鋼種特性の位置付け図から探す

ステンレス鋼の鋼種特性の位置付け図から探すをご覧いただけます。

ステンレス鋼とは

ステンレス鋼とは

ステンレス鋼とは をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る