新設電気炉・既設電気炉いずれにも導入可能
電力量原単位の削減に大きく寄与

クラムシェル直接予熱装置「SPH-markⅡ」は、電気炉からの排ガスを利用することで、スクラップを高温に高効率で予熱し、エネルギーロスの低減、熱効率の向上を図ります。スクラップ予熱で得られるエネルギーは電力や他のエネルギーより安価なため、エネルギー原単位低減を実現。
移動式の予熱槽を持ち、また予熱槽を含む電気炉エリアを排ガス集塵が可能な「スカイハウス」で覆うことにより、工場内とスカイハウス内の環境を区分、予熱による白煙や悪臭を吸引するための建屋排気機能を最小限にし、周辺環境への配慮も行います。
また予熱室にバイパスダクトを設け、予熱室を通る排ガス量を調整することでスクラップの種類によって予熱量を制御できます。

用途

製鋼用電気炉を対象とし、スクラップを予熱

特長

生産性向上

  • 予熱効果による操業時間短縮
  • スクラップ炉内装入自動化
  • 補助エネルギー使用可能(LPG、酸素など)

ランニングコスト低減

  • 予熱による電力原単位低減
  • 操業時間短縮、電力原単位低減で各種原単位低減
  • 適正予熱温度で歩留悪化防止

スクラップの酸化を抑制、性状の制限を受けにくい

  • 適正な予熱温度でスクラップの酸化を抑制
  • 予熱不適スクラップ、あるいはスクラップの過予熱の場合は、排ガスのバイパスルートが利用可能
  • スクラップの種類、選別の制約が少ない

環境改善

  • スカイハウスの設置で場内環境向上、騒音低減
  • 2段バグシステムでダイオキシン濃度低減

効果

  • 電力原単位の低減
  • 操業時間短縮による生産性向上
  • 総エネルギー原単位の低減

構造

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する