炉体を大型ベアリングで支持し、油圧モータで旋回させる

三相交流アーク炉では、電極が三角形に配置されているのに対して炉殻が円筒形状のため、電極との距離が一定ではない状態があり、このことからスクラップが溶けやすい場所(ホットスポット)、溶けにくい場所(コールドスポット)が発生することが、効率的な操業を難しくしていました。
長年の電気炉ユーザーの悩みを解決すべく開発された炉体旋回式電気炉「STARQ」は、炉体を旋回させることで、物理的にホットスポットとコールドスポットを入れ替えることができ、結果として熱ロスの低減、通電時間短縮、電力原単位の低減、耐火物原単位の低減を実現します。
STARQは大同特殊鋼株式会社の登録商標です。

用途

スクラップの均一溶解

特長

電気炉の炉体旋回により、炉内のホットスポットとコールドスポットの不均一を解消

旋回パターンの最適化による通電時間の短縮

  • 省エネルギーが図れる
  • CO2排出量削減に貢献

効果

当社知多工場で2013年11月に稼働を開始したSTARQ(150トンアーク炉)では、炉体旋回を用いたスクラップ均一溶解技術を徹底研究し、
従来炉比で15%のエネルギー原単位改善を達成しています。

構造

電気炉運転時の熱損失

炉体旋回前

回転機構

炉体旋回後

電気炉の炉体旋回によりコールドスポットを電極に近づけ、ホットスポットとコールドスポットの不均一溶解を抜本的に解消し、溶解エネルギーロスを減らし、効率よく溶解。
建設コストがかかるスクラップ予熱装置の代わりに、従来電気炉に炉体旋回機構を追加するだけで電気炉に発生するホットスポットおよびコールドスポットによる熱損失を解消します。

外観

炉体旋回式電気炉 STARQ

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する