排ガス熱を有効利用してエネルギー原単位を低減

SPH-markⅡアーク炉は、スクラップ予熱槽が排ガス燃焼塔後に設置されており、必要に応じて予熱槽をバイパスして、排ガスを通過させることができるため、スクラップの過予熱による酸化防止が可能です。
また、スカイハウスと組み合わせることによりアーク炉へのスクラップ装入時に天井クレーンを使用せず、スカイハウスを閉じたままで装入できるため、場内への発塵を低減でき建屋集塵風量を大幅に削減できます。

用途

製鋼用電気炉を対象とし、スクラップを予熱

特長

生産性向上

  • 予熱効果による操業時間短縮
  • スクラップ炉内装入自動化
  • 補助エネルギー使用可能(LPG、酸素など)

ランニングコスト低減

  • 予熱による電力原単位低減
  • 操業時間短縮、電力原単位低減で各種原単位低減
  • 適正予熱温度で歩留悪化防止

スクラップの酸化を抑制、性状の制限を受けにくい

  • 適正な予熱温度でスクラップの酸化を抑制
  • 予熱不適スクラップ、あるいはスクラップの過予熱の場合は、排ガスのバイパスルートが利用可能
  • スクラップの種類、選別の制約が少ない

環境改善

  • スカイハウスの設置で場内環境向上、騒音低減
  • ダイオキシン対策集じんシステム(2段バグ方式)でダイオキシン濃度低減

構造

外観

炉体旋回式電気炉 STARQ + SPH-markⅡ

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する