焼入油槽を真空容器の中に組み込み、クリーンな環境で油焼入れ処理を可能とする、2室タイプの真空熱処理炉。
大形部品の焼入れに最適です。

用途

油焼入れ・ガス焼入れ
焼戻し・焼鈍
その他金属熱処理一般

特長

安定した搬送

フォーク搬送式を採用。高温下でも安定した搬送を実現します。

均一な温度分布

加熱室4面にヒーターを配置することにより、良好な温度分布が得られます。

クリーンな環境

焼入油槽を真空容器内に設置しているため、通常操業時の油煙排出は少なくクリーンな操業を実現します。

高効率操業が可能

加熱室と冷却室を真空仕切弁を採用し完全分離することで、高温・真空の状態で加熱室への材料の装出入が可能になり、効率よく操業ができます。特に油冷却時の油蒸気による炉内汚染が防止できます。

さまざまな特殊機能をオプションで対応

  • 対流加熱機能(最高800℃)
  • 完全自動化機能

仕様

形式 DH2S-966 DH2S-1166
有効寸法
(L×W×H)(mm)
900×600×600 1050×600×600
積載重量
(グロスkg)
1000
常用温度(℃) 550~1250(最高1300)
冷却ガス 不活性ガス(N2、最高190kPaG)
油入油種 コールド/セミホット/ホット
到達真空度(Pa(abs)) 1.33(高真空仕様:0.007(オプション))

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する