使いやすさと見やすさを追求した現場にうれしい溶鋼温度計

大型ディスプレーとタッチパネルを採用し、視認性や操作性を大幅に改善しました。
データ表示面では測定時の温度変化を可視化し、グラフ表示が可能。
6種類すべてのデータが表示でき、測定結果の比較や解析などが容易に行えます。
また、過去100回分の測温結果の履歴をタッチパネルで確認が可能。
通信方法もイーサネット方式であるため、一般のパソコンなどとの接続が容易です。

特長

各種判定方式が選択可能

各種判定方式の選択、主要定数の変更がユーザーでできるため、いかなる性状の溶鋼にも対応可能。

3種類の熱電対から選択可能

使用する熱電対に合わせ、3種類の熱電対(R、S、B)から選択し、測定可能。

見やすい・わかりやすい・簡単操作のタッチパネル式

  • 10.4インチタッチパネルモニタ採用。
  • 測定開始から終了までの測定温度変化をグラフで表示可能。
  • 6種類の判定方式における測温結果を表示可能。
  • 過去100回分の測温結果を表示可能。

現場表示器と接続可能

大型数字表示灯を備えた現場表示器と接続でき、現場で測温結果の確認が可能。

Ethernet 通信に対応

Ethernet 通信対応による、測定データの送信が可能。

判定方式

全勾配方式 温度勾配が設定より小さくなった温度
勾配方式 遅延時間後で温度勾配が設定より小さくなった温度
タイマ方式 遅延時間後の温度
平均方式 遅延時間後の平均の温度
最高方式 遅延時間後の最高温度
最低方式 遅延時間後の最低温度

仕様

電源 本体/現場表示器共にAC 100V、50/60 Hz (正弦波であること)
使用可能熱電対 R、S、B (JIS C 1602-2015 準拠品)
測定範囲 R熱電対 1250℃ ~ 1800℃
S熱電対 1250℃ ~ 1800℃
B熱電対 1250℃ ~ 1850℃
測定精度
(アナログ入力)
±0.5℃
表示 10.4型 タッチパネル SVGA [800×600] TFTカラー液晶
インターフェイス Ethernet、BCD温度出力、測定可トランジスタ出力
現場表示器 視認距離 約15m 本体間距離 1200m以下
周囲温度 本体 0 ~ +40℃ 現場表示器 0 ~ +45℃
周囲湿度 本体 30 ~ 90%RH 現場表示機 10 ~ 85%RH
外形寸法 本体 351(W)×277.5(H)×430(D)mm 現場表示器 520(W)×200(H)×250(D)mm
重量 本体 15.7kg 現場表示器 15.0kg

構造

<機器構成例>

<画面イメージ>

外観

カタログ

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する