製鋼用電気炉からの排ガスを処理する「直引集じん設備」と建屋からの場内ガスを処理する「建屋集じん設備」を組み合わせた独自の「ダイオキシン対策集じんシステム(2段バグ方式)」と、排ガスの急速冷却、低温ろ過制御を組み合わせることで、発生ダイオキシン類の99%以上を除去することができます。
「ダイオキシン対策集じんシステム(2段バグ方式)」はシンプルかつ経済的であり高効率なシステムです。

特長

ダイオキシン除去性能

製鋼用電気炉からの排ガスを処理する「直引集じん設備」と建屋からの場内ガスを処理する「建屋集じん設備」を組み合わせた独自の「ダイオキシン対策集じんシステム(2段バグ方式)」と、排ガスの急速冷却、低温ろ過制御を組み合わせることで、発生ダイオキシン類の99%以上を除去することができます。
2段バグ式集じんシステムは新設炉のダイオキシン排出基準(0.5ng/m3-TEQ)に適合できます。

作業環境改善

作業環境悪化の原因となるスクラップ投入時の粉塵を、「直引集じん設備」と「建屋集じん設備」を並列吸引に切り替えることで、両集じん設備の最大能力で吸引を行い、クリーンな作業環境を提供します。

省エネ運転制御

電気炉の操業パターンにより適切な吸引ガス量を自動で選択し、送風機の消費電力を低減することで省エネにも寄与します。

多様な運転条件に対応

ダイオキシンの発生しやすい、廃棄物や家電系スクラップ、雑品スクラップなどの処理を行う場合は、オプションで活性炭吹き込み装置を付加することで排出基準をクリアすることができます。また活性炭を吹き込むことで悪臭の除去を同時に行います。

活性炭吹き込み装置によるダイオキシン類除去効果

構造

外観

押し込み型集じん設備
吸込み型集じん設備

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する