AODに真空機能を付加した装置です。
AOD炉体上部に真空蓋をかぶせて容器内を減圧することで、低炭素域での脱炭効率を向上し、Ar原単位、Fe-Si原単位を低減します。
高真空度および酸素吹錬を必要とせず、短時間でVOD法と遜色ない極低炭素レベルまでの脱炭が可能です。

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「サイトのご利用について」をお読みください。Cookieの利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、閲覧を中止してください。

同意する