PCサイト表示で見る

閉じる

STC®焼鈍炉

特殊鋼線材など多品種小ロット製品の熱処理に最適です

STC焼鈍炉

特殊鋼の半製品は、冷間加工性 (伸線、冷間圧造) 向上のために各種の熱処理を必要とします。当社は、鋼材メーカーでもあることから、実操業面での豊富なノウハウを基に経済的かつ最適なヒートパターン(温度&時間)、雰囲気制御および搬送制御をシステムとして構築しました。安定品質、無人化、省エネを実現。多品種小ロット製品の多目的処理を可能にしたSTC®(Short Time Cycle) 焼鈍炉は、お客様からご好評を得ています。STCは大同特殊鋼(株)の登録商標です。

特長

多様な熱処理に対応

対象品

線材コイル 棒鋼(丸・異形)
薄板コイル 各種冷間圧造品
パイプ  

処理方法

球状化焼鈍 焼準
軟化焼鈍 復炭
完全焼鈍 その他
低温焼鈍  

コンピュータシステム

コントロールパネルとディスプレイ
  • 100種類のヒートパターン(温度・時間・雰囲気)の記憶
  • 次回熱処理のヒートパターンの予約
  • 温度制御
  • 雰囲気制御
  • 操業実績の自動印刷
  • 安全確認、異常時の処置と記録

省エネルギー対策

  • 高温雰囲気中への処理品の装入
  • セラミックファイバーを採用
  • パーキュレータでの排ガス熱回収

ピックアップ

ModulTherm ®(モジュールサーモ)

ModulTherm®(モジュールサーモ)

ModulTherm®(モジュールサーモ)をご覧いただけます。

工業炉・環境設備

工業炉・環境設備

大同特殊鋼の工業炉・環境設備をご覧いただけます。

このページの先頭へ戻る